「これはヘビロテの予感…」 年間3000本のアスパラガスを食べる男イチ押しの「絶品アスパラ飯」 画像(1/3) “絶品アスパラ飯”でアスパラガスの魅力を実感!

4月~7月が旬の“アスパラガス”。

一口にアスパラガスといっても種類は実に様々で、品種によって味も全く異なります。

5月14日放送の「マツコの知らない世界」(TBS系)に、年間3000本のアスパラガスを食べる男・内山裕史さんが登場して話題に。

今回は内山さんが教えてくれたアスパラガスの魅力と、絶品アスパラ飯の作り方をクローズアップしていきましょう。


アスパラガスで絶品炊き込みご飯が作れる!?

内山さんの話によると、アスパラガス最大の魅力は旨味の奥にある“えぐ味”。

アスパラガスの頭が最もえぐ味を感じる部分で、イメージとしては山菜と同じような味わいです。


えぐ味にも色々なタイプの味があり、例えば佐賀県産の夏アスパラ「ウェルカム」はビールに似たえぐ味が感じられます。

実際に試食したマツコ・デラックスさんも、「美味しい!(ビールのように喉ごしが)爽やか」と独特な旨味を実感していました。


他にも北海道産のホワイトアスパラガス「ガインリム」は、ワインのような濃厚なえぐ味が楽しめるそう。

一方“幻のアスパラガス”と呼ばれる「ラスノーブル」は、絶滅寸前の品種。

スルメのように噛めば噛むほど、えぐ味が滲み出てくるのが特徴です。


さらに番組では“絶品アスパラ飯”として、「アスパラガスの炊き込みご飯」が登場。

作り方は至ってシンプルで、まずは鶏肉・人参・油揚げ・ひじきで炊き込みご飯を作るところから始まります。

アスパラガスは炊き込んだ後に加えるのがポイント。

アスパラガスを入れた後、10分間蒸したら完成です。ダシの風味と相まって、爽やかな香りと食感が楽しめますよ。


実際に「アスパラガスの炊き込みご飯」を作ってみた人からは、「アスパラと炊き込みご飯がこんなに合うなんて!」「アスパラガスの炊き込みご飯めちゃめちゃ美味しい」「これはヘビロテの予感…」など絶賛の声が上がっていました。


アスパラガスのフレッシュな味が楽しめる「アスパラピラフ」

“アスパラガス×ご飯”レシピは、他にもたくさんあります。

「これはヘビロテの予感…」 年間3000本のアスパラガスを食べる男イチ押しの「絶品アスパラ飯」 画像(3/3) 【関連レシピ】アスパラピラフ

例えば「アスパラピラフ」はフライパンにバターを溶かして、玉ねぎを炒めるところからスタート。

玉ねぎがしんなりしてきたら予め洗っておいた米を投入し、米が透き通るまで炒めましょう。

最後にブイヨンを加えてひと混ぜしたら、炊飯器に移してスイッチON。


ご飯が炊き上がる5~6分前になったら、いよいよ最終段階へ。

フライパンにバターを溶かし、下準備したアスパラガスとえびを入れて塩こしょうで味つけ。

さらに炊き上がったご飯とバターを投入し、ざっくり混ぜ合わせたら「アスパラピラフ」の完成です。


電子レンジで作る「たことアスパラのマヨチャーハン」

「これはヘビロテの予感…」 年間3000本のアスパラガスを食べる男イチ押しの「絶品アスパラ飯」 画像(6/3) たことアスパラのマヨチャーハン

アスパラガスはチャーハンとも相性ばっちり。

まずアスパラガス・レタス・たこをそれぞれ食べやすい大きさにカットし、耐熱ボウルに先程のアスパラガス・マヨネーズ・しょうゆ・塩こしょうを加えて混ぜ合わせます。


そこに温かいご飯をのせ、ふんわりラップをかけたら電子レンジで約4分間加熱。

あとは加熱したご飯をかき混ぜた後、レタス・たこ・ごまを加えて全体になじませれば「たことアスパラのマヨチャーハン」のできあがりです。

油代わりのマヨネーズで野菜はしっとり、ご飯はパラパラの仕上がりになるはず。


今が旬のアスパラガスを使って、ぜひ料理のレパートリーを広げてみてくださいね。