彩りが欲しいときにどうぞ! パプリカを使った簡単カラフル副菜

#食 
「パプリカのおかかあえ」


目を引く彩りのパプリカは、おかずの見た目を華やかにしてくれる便利な野菜。栄養も豊富で、生でも火を通してもおいしいのが嬉しいポイントです。メインのおかずにちょっと色が足りないと思ったら、サイドメニューにパプリカを添えて食卓を華やかにしてみては?

パプリカのおかかあえ


【材料・4人分】

赤パプリカ 1個、削りがつお 1袋(約5g)、しょうゆ、砂糖 各小さじ1

【作り方】

1. 赤パプリカは横半分に切り、縦細切りにする。耐熱皿に入れ、ふんわりとラップをかけて電子レンジで約1分加熱する。粗熱をとり、水けを絞ってボウルに入れる。

2. しょうゆ、砂糖各小さじ1を加えてあえ、味がなじんだら削りがつおを加えてざっとあえる。

※電子レンジを使う場合は600Wのものを基準としています。500Wなら1.2倍、700Wなら0.8倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。

(1人分17Kcal、塩分0.2g)

細く切ったパプリカをしょうゆと砂糖で味つけし、削りがつおをあえたら完成。真っ赤な見た目とは裏腹に、ご飯とよく合う和の味わいです。

トマトとパプリカのマヨポンあえ


赤いトマトと黄色いパプリカを、マヨネーズとポン酢じょうゆであえた1品。ポン酢の酸みがアクセントになり、さっぱりとした味が楽しめます。

名前も可愛い「トマトとパプリカのマヨポンあえ」


カラーピーマンのヨーグルトソースあえ


プレーンヨーグルトとみそは意外にも相性抜群。ピーマンとパプリカを使ったカラフルな見た目も◎

「カラーピーマンのヨーグルトソースあえ」


パプリカの中華あえ


しょうゆとオイスターソースだけのシンプルなあえもの。パプリカをしょうゆであえてから2~3分おいて味をしみこませます。

「パプリカの中華あえ」


パプリカのゆずアボカドあえ


ゆずこしょうを使ったあえごろもはピリッとした辛みが特徴。粗く潰したアボカドとあえて、パプリカの歯ごたえを楽しめるレシピです。

「パプリカのゆずアボカドあえ」


パプリカを選ぶときは、全体的に色が均一で濃いものがおすすめ。赤パプリカと黄パプリカを使い分けて、見た目にも楽しいメニューにチャレンジしてみては?

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //