え、カレーに豆腐!? 「かさ増しカレー」は食べごたえも◎ 画像(1/3) 「キーマカレー丼」

子どもから大人まで美味しくいただける“カレー”。ビーフカレーや野菜カレーなど様々なバリエーションがありますが、たまにはアレンジをきかせたメニューを作ってみませんか? 今回はなんと、豆腐を主役にしたカレーを3つご紹介。作り方も簡単なので、この機会にぜひチャレンジしてみてください。

キーマカレー丼

【材料・2人分】

もめん豆腐 1丁、とりひき肉 200g、冷凍ミックスベジタブル 60g、玉ねぎのみじん切り 1/2個、にんにくのみじん切り 1片分、温かいご飯 どんぶり2杯分、顆粒スープの素 小さじ1、サラダ油、カレー粉、ウスターソース、塩

【作り方】

1. ミックスベジタブルは室温で解凍する。豆腐はペーパータオルで水けをふき取る。

2. フライパンに油大さじ1を熱し、玉ねぎ、にんにくを入れ、しんなりするまで炒める。ひき肉を加え、ほぐしながらポロポロになるまでさらに炒める。

3. 豆腐を一口大にちぎって加え、木べらで細かくくずしながら炒める。水けがとんでポロポロになったらミックスベジタブル、水1/2カップを加えてひと煮立ちさせ、スープの素、カレー粉大さじ2、ウスターソース小さじ1と1/2、塩小さじ1を加え、味がなじむまで2~3分炒める。

4. 器にご飯を盛り、3をかける。

(1人分661Kcal、塩分3.0g)

キーマカレーにもめん豆腐を1丁プラスしたどんぶりです。豆腐のほかにも、ミックスベジタブルや玉ねぎのみじん切りを混ぜてヘルシーな味わいに。カレーとにんにくの香りが食欲をそそるかも。

揚げ豆腐入りひき肉カレー

豆腐をこんがり揚げることで表面はこうばしく、中はふっくらとした口当たりに仕上がります。いんげんやなすと一緒にめしあがれ。

え、カレーに豆腐!? 「かさ増しカレー」は食べごたえも◎ 画像(3/3) 豆腐となすの食感がたまらない「揚げ豆腐入りひき肉カレー」

豆腐のキーマカレー

ポイントは豆腐を手でくずしながら加えること。炒めやすくなるだけでなく、ひき肉とよくなじむようになります。

え、カレーに豆腐!? 「かさ増しカレー」は食べごたえも◎ 画像(6/3) 「豆腐のキーマカレー」

カレーと豆腐の組み合わせは珍しいですが、意外にも相性抜群。かさ増し効果もあるため、ごはんをガッツリ食べたい時にうってつけなメニューです。