お弁当の隙間埋めにも◎ 月~金で作りたい卵焼き5選

#食 
「ピリ辛ねぎの卵焼き」


朝のバタバタした時間でもパパッと調理できる“卵焼き”。作り慣れているものの、意外と味つけや具材がマンネリ化していませんか? 今回は月~金曜日まで飽きずに食べられる卵焼きのレシピをご紹介。1日に2個ずつ卵を消費できるので、平日にぴったり1パック使い切れますよ。

ピリ辛ねぎの卵焼き


【材料・2人分】

卵液(卵 2個、牛乳 大さじ1、砂糖 小さじ1/2、塩 少々)、万能ねぎの小口切り 2本分、豆板醤(トウバンジャン)小さじ1/3、サラダ油

【作り方】

1. ボウルに卵を割り入れ、フォークで白身を切るようによく混ぜる。牛乳、砂糖、塩を加えてさらに混ぜる。万能ねぎ、豆板醤を加えて混ぜる。

2. 卵焼き器を強火でよく熱する。油小さじ1/2を入れ、ペーパータオルで薄く広げる。

3. 弱めの中火にし、卵液の1/4量を流し入れて広げる。半熟になったら手前からくるくる巻き、奥に寄せる。

4. あいたところに2のペーパータオルで薄く油をひき、残りの卵液の1/3量を流し入れる。巻いた卵を少し持ち上げて卵液を下に流し、奥から手前に巻き、再び奥に寄せる。同様にあと2回繰り返す。粗熱をとって食べやすく切る。

(1人分99Kcal、塩分0.7g)

豆板醤の辛みをきかせた中華風の卵焼きです。牛乳や砂糖などを混ぜ合わせた卵液を、3回に分けてくるくると巻くのがポイント。小口切りにした万能ねぎの歯ざわりがアクセントになります。

ごまたくあんの卵焼き


黒いりごまのこうばしい香りを堪能できる1品です。たくあんの塩けが際立っているので、しょうゆなどの調味料をつけなくてもおいしくいただけるはず。

断面が色鮮やかに仕上がる「ごまたくあんの卵焼き」


ちくわおかかの卵焼き


リーズナブルなちくわを加えてボリュームをアップ。口に運ぶと削りがつおの風味が広がります。

「ちくわおかかの卵焼き」


青のりチーズの卵焼き


青のりの香りがふわっと漂ってくるメニューです。ピザ用チーズをたっぷりプラスしているため、子どもウケを狙えるかも。

「青のりチーズの卵焼き」


中華風きのこの卵焼き


しいたけの軸をきちんと取り除き、食べやすい薄切りにしましょう。コク深いオイスターソースが味の決め手です。

「中華風きのこの卵焼き」


卵液を少しアレンジすれば、毎日違う味わいの卵焼きを楽しめます。焼いたときにムラができないよう、卵液はフォークなどでしっかり混ぜ合わせてくださいね。

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //