めちゃくちゃ簡単なのにこんなにかわいい!バレンタインラッピング5選

#くらし 

バレンタインデーが間近になってくると、今年は手作りチョコにしよう!と意気込んでみるものの、ラッピングがかわいくできるか不安…なんていう人も多いのではないでしょうか。今年はそんな心配はご無用!身近な材料で、簡単にできるラッピングをご紹介します。


カラフルな紙コップで楽しい詰め合わせに



紙コップにお菓子を入れる。おしゃれなパッケージのティーバッグなども一緒に入れてお楽しみ度をアップする。透明な袋に入れてリボンで口を結ぶ。

一口サイズのお菓子はテトラ包みに



1.透明な袋(写真は8×12cmサイズのもの)の両脇の筋が上下にくるように置く。

☆ポイント☆ 平らな袋を立体に!テトラ包みの袋の置き方


2.その向きのまま、一口サイズのお菓子を1個入れ、手前から2~3回折る。


3.折ったところをホチキスでとめ、その上にマスキングテープを貼る。


※1袋に、小さめのクッキーを3~5個詰めてもOK!

カーリングリボンで華やかに



1.透明な袋にカットしたお菓子を入れ、セロテープで口を閉じる。包装紙や折り紙で帯を作って巻き、セロテープでとめる。

2.カーリング用のリボンを長めに切り、袋の中心にくるようにかた結びをする。リボンをはさみで4~5回しごくとカールした状態になる。


リボンをもう1本用意してかた結びの部分に縛り、同様にしごくとより華やかになる。

長細くカットしたお菓子はキャンディ包みで



ワックスペーパーを正方形に切り、長細くカットしたお菓子を対角線上にのせる。手前からくるりと巻き、両端をキャンディを包むようにひねる。

クッキーは透明な袋と包装紙を使って



1.透明な袋(写真は15×10cmサイズのもの)の中に、ワックスペーパーを折りたたんで台紙として入れ、クッキーを詰めて袋の口を1~2cmほど折る。

2.包装紙や折り紙などを、袋の横幅×3~4cmにカットして帯を作り、マスキングテープがあれば飾りとして貼る。袋の口の部分を覆うようにして半分に折り、ホチキスでとめる。

ラッピングの材料は、ホームセンターや100円ショップなどで手軽に購入できます。

折り紙やデパートの包装紙やリボンなどを活用しても。材料は身近でも、包み方を工夫するだけでとてもすてきな仕上がりに。

バレンタインデーに限らず、お配りスイーツのときにも重宝しますよ。

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)