市販の冷凍ポテトで手間省き! 冷凍ポテトを使ったおかず5選

#食 
「肉巻きポテト照り焼き」


軽食やおつまみにピッタリのポテトフライ。最近は調理済みのものが冷凍食品コーナーで販売されていますが、意外に量が多く余らせてしまうこともしばしば…。そこで今回は、冷凍ポテトを使ったおかずを5つ取り上げてみました。調理済みなので、面倒な皮むきや下ごしらえの手間を省くことができますよ。

肉巻きポテト照り焼き


【材料・2人分】

冷凍フライドポテト(シューストリングタイプ) 100g、豚ロース薄切り肉 6枚、サニーレタス 適宜、塩、こしょう、サラダ油、しょうゆ、みりん

【作り方】

1. 豚肉は塩、こしょう各少々をふる。豚肉1枚を広げ、手前に冷凍フライドポテトの1/6量を凍ったままのせ、くるくると巻く。残りも同様に巻く。

2. フライパンに油小さじ1を熱し、1の巻き終わりを下にして並べ入れる。巻き終わりがしっかりくっついたら、少しずつ転がして焼く。全体に焼き色がついたら、ふたをして約1分蒸し焼きにする。

3. しょうゆ、みりん各大さじ1を加えてからめ、汁けがとんで肉に照りが出たら火を止める。皿にサニーレタスをちぎってのせ、肉巻きを盛り合わせる。

(1人分344Kcal、塩分1.9g)

ポテトは凍ったまま豚肉で巻いてOK。ふたをして1分ほど蒸し焼きにすれば、ほっくりとした食感に仕上がります。しょうゆとみりんを使った甘辛い味つけは、ご飯のおかずにピッタリ!

えびとポテトのバジル炒め


バジルのさわやかな風味がたまらない“えびとポテトのバジル炒め”。味のベースになるバジルペーストは、冷蔵庫で約3ヶ月間は保存できますよ。

香り高いバジルが食欲をそそる「えびとポテトのバジル炒め」


かんたん肉じゃが


フライドポテトを使えば、なんと約3分で“肉じゃが”が完成! フライドポテトはあらかじめ火が通っているので、凍ったまま加えても味がしっかりとしみますよ。

「かんたん肉じゃが」


ジャーマンポテト風チーズ焼き


電子レンジで具材を加熱してからオーブントースターで焼きましょう。冷凍フライドポテトにむらなく火が通り、焼く時間を短縮できます。

「ジャーマンポテト風チーズ焼き」


ロールレタスのトマト煮


レタスにコンビーフと冷凍ポテトを包むことで食べごたえも抜群に! またトマトジュースで作ったスープは、簡単なのに本格的な味わいです。

「ロールレタスのトマト煮」


冷凍フライドポテトは保存がきくので、普段から多めに買ってストックしておきましょう。困った時にサッと一品作ることができますよ。

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)