家時間に飽き飽き…な子どもたちと「食パン」作りでリフレッシュ!

#食 
もっちり食感が絶品! ほんのり甘さのある味


子どもたちは家で過ごす時間に飽き飽き。大人は様々な負担が増えてイライラ……。そんな時は、気分転換に子どもと一緒にパン作りに挑戦してみませんか? 粉を計ったり、生地をこねたりと一緒に作業をすれば、自然と気持ちがリフレッシュ。パンの焼き上がるいい香りが、みんなを笑顔にしてくれるはずです。「しっとりミニ食パン」はパウンド型で焼けるミニサイズの食パンなので、電子レンジのオーブン機能でおいしく焼けますよ。

しっとりミニ食パン


【材料】(18×8.5×6cmのパウンド型1台分)

強力粉 200g、インスタントドライイースト 3g、バター(食塩不使用) 20g、牛乳 110ml、プレーンヨーグルト 50g、はちみつ 30g、打ち粉(強力粉〈または薄力粉〉) 適量、塩 小さじ1/2強

【下ごしらえ】

1.バターは1cm角に切る。

2.牛乳は耐熱容器に入れ、ラップをかけずに電子レンジで約40秒加熱する。

3.ボウルにサラダ油(分量外)を薄くぬる。

4.オーブン用ペーパーの四隅に切り目を入れ、型に敷き込む。

5.オーブンは二次発酵が終わる約10分前に190℃に予熱する。

【作り方】

1.下準備とは別のボウルに、強力粉、ドライイースト、塩を入れ、ゴムべらでさっと混ぜる。牛乳、ヨーグルト、はちみつを加えて、粉っぽさがなくなるまで混ぜ合わせる。

【画像を見る】ヨーグルト、はちみつには生地をしっとりとやわらかくする効果が。イーストの働きを助けます


2.台に取り出し、軽くこねてまとめる。生地を打ちつけてのばし、手前から半分に折る。これを生地がなめらかになるまで10~15分繰り返す。

【こねる】


3.生地を広げ、バターをのせて包み、2と同様にこねる。表面がつるりとし、生地を指でつまんで引っ張ると膜のように薄くのびるまでこねる。

バターの油脂分が生地ののびや風味をよくしてくれる。もっちり&しっとりに焼き上げる効果もあり


生地を引っ張ると膜のように薄くのびるまでこねる


4.下準備したボウルに生地を丸めて入れる。霧吹きで2~3回水を吹きつけ、ラップをかけて、暖かいところに置く。生地が約2倍にふくらむまで、50~60分おいて一次発酵させる。粉をつけた指を入れてみてへこみが戻らなければ発酵終了。

【一次発酵】


 粉をつけた指を入れてみてへこみが戻らなければ発酵終了


5.台に打ち粉をし、生地を取り出して手で軽く潰してガスを抜く。包丁で2分割にし、表面を張るように丸め、ぬれぶきんをかけて約15分休ませる。

【分割・ベンチタイム】


6.再び台に打ち粉をし、生地1個を置き、手で軽く潰してガスを抜く。直径約15cmの円形に広げ、手前と奥を折って三つ折りにし、さらに2つに折り、合わせた部分をつまんで閉じる。縦長に置き、手前から丸める。同様にもう1個作る。型を横長に置き、うず巻きの面を手前と奥にし、巻き終わりを下にして、型に入れる。

【成形】


うず巻きの面を手前と奥にし、巻き終わりを下にして型に入れる


7.霧吹きで2~3回水を吹きつけ、30~40分おいて二次発酵させる。途中、さらに水を1~2回吹きつける。オーブンでこんがりと焼き色がつき、生地がさらにふくらむまで23~25分焼く。オーブン用ペーパーごと型からはずし、網の上でさます。

(全量で1142kcal、塩分3.6g)

【二次発酵・焼く】


焼けた!


この記事に共感したら

Information

詳しいレシピはこちら!
しっとりミニ食パン

アレンジレシピなら、こちらもおすすめ!
シナモンレーズンミニ食パンをチェック!




おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //