【夕飯レシピ】味付けにひと工夫!野菜の甘みが引き立つ「さっぱり塩肉じゃが」 画像(1/2) 野菜の甘みを感じるやさしい味
野菜の甘みを感じるやさしい味

調理=鈴木薫 撮影=宗田育子

肉じゃがといえば、おふくろの味の代表格。甘辛味もおいしいですが、ときにはさっぱり塩味にして野菜の甘さを楽しみませんか。多めに作っても翌日にはさらに味がしみているので、お弁当のおかずにぴったり。じゃがいもに含まれるビタミンCは熱にも強いので、この時期の風邪予防に最適です。


【さっぱり塩肉じゃが】(1人分358Kcal、塩分2.3g、調理時間25分)


<材料・2人分>牛切り落とし肉100g、じゃがいも2個、長ねぎ1/2本、にんじん1/2本、煮汁(だし汁1 1/2カップ、みりん大さじ2、塩小さじ1)、サラダ油


<作り方>

1.じゃがいもは四つ割りにし、ねぎは3cm長さに切る。にんじんは一口大の乱切りにする。

2.鍋に油大さじ1を中火で熱し、牛肉、1を入れて肉の色が変わるまで炒める。

3.煮汁の材料を加え、煮立ったらアクを除き、ふたをして、じゃがいもがやわらかくなるまで約20分煮る。汁ごと器に盛り、好みで三つ葉をのせても。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】