[イトコニ]

いとこ煮

かぼちゃとあずきのいとこ煮

かぼちゃとあずきのいとこ煮

煮ものの一つで、豆類と野菜を使った煮もののこと。

材料は、あずきやうずら豆などの豆類と、ごぼう、にんじん、かぼちゃ、大根、里いも、豆腐、くわい、栗などで、もともとは、みそ仕立てにするのが決まりとされる。

かたくて煮えるのに時間のかかるものから順に入れて煮るので、追い追い(甥)、めいめい(姪)に煮る(似る)という語呂合わせから、「いとこ煮」と呼ばれる。

また、江戸時代の年中行事、お事始めの際に作る「おこと汁」が転じて「いとこ煮」となったとも。

【いとこ煮】に関連する料理用語

料理用語事典へ戻る