[ウシオジル]

潮汁

汁ものの一つで、魚介類を材料に使い、塩だけで味をととのえたもののこと。

「うしお仕立て」ともいう。

材料は、鯛の頭やあらが代表的で、ほかに、すずき、甘鯛、きすなどの白身魚、はまぐりなど。
魚の場合は、骨からうまみが出るため、骨つきが多く使われる。

味つけの塩加減を、海水の塩辛さを目安にしていることから、「潮」汁の名が生まれたといわれる。