水加減(ひたひた、かぶるくらい)

[ミズカゲン]

材料をゆでたり煮たりするときの水の分量のことで、「ひたひた」「かぶるくらい」などのことばで表わす。

「ひたひた」とは、鍋に入れた材料が、水面から少し顔を出しているくらいの量。「かぶるくらい」とは、鍋に入れた材料が、全部隠れるくらいの量。

おすすめ読みもの(PR)