「カサカサ女」の汚名返上!? 化粧水を【ダイソー】のポンプボトルに入れ替えたらお風呂上りが変わった

#やってみた 

すっかり秋らしい日が増えて、これから気になるのがお肌の乾燥。アラフォーの私にとって、徹底した保湿が欠かせない季節が近づいてまいりました!

化粧水はこまめにつけるとよい◎と聞いてからは、時間があるときはコットンなどで念入りにパックして浸透させるのが日課になっています。

しかし、化粧水を出しすぎてしまうことも多く、いまだになかなか量の調整が難しい…。ボタボタと垂らしてしまうことも多かったので、ダイソーで見つけた「ポンプボトル」を購入してみました。

コットンパックにおすすめの「ポンプボトル」

・「ポンプボトル」
・1個/110円(税込み)
・最大容量 約160ml

ワンプッシュで適量が出る設計のため、出しすぎが防げる!

「ポンプボトル」は、化粧水などの液体状のものを詰め替えて使用するボトルで、適量が出しやすい設計になっています。乳液やジェルなど、粘度の高いものには使用できませんのであらかじめご注意ください。

口が広く、詰め替えもラク

まずは、ボトルを洗浄し、中身を詰め替えていきましょう。ボトルの口は直径2.3cmと広めなので詰め替えしやすい点も◎

上からお皿をプッシュ

フタをパカッと開くと、お皿のようなパーツが出てきます。この部分にコットンなどを置いて上からプッシュすると、中の液体が吸い上げられる仕組みになっています。

ワンプッシュで0.3ml出てきます

ワンプッシュで約0.3ml出てくるそうで、1回ではこのくらいの湿り具合です。

コットンの種類にもよりますが、私が使っているコットンは5プッシュほどで全体に化粧水が行き渡りました◎

お皿の部分に液体が残りません

液体がお皿の部分に残りにくいので、液だれや汚れの心配もなさそうです。

そして、なんといっても片手で扱えるというのがうれしいポイント。お風呂上りには、なるべく早く化粧水をつけたいですが、髪をタオルドライしながらコットンパックの準備。なんて、同時進行もできちゃいます。

さらに、片手でも出しすぎが防げるという点が魅力的ですね◎

出しておいてもじゃまになりにくいサイズ感

サイズは手の平におさまるくらいの、少し小さめなサイズ感。出しっぱなしにしても場所を取ることはなさそうです。

コットンパックが日課の人は、ぜひチェックしてみてください。

文=翔ママ

この記事に共感したら

翔ママ

翔ママ

100均・お得・値下げが大好き!パワフルな息子二人と格闘しつつ「... もっと見る

おすすめ読みもの(PR)

「やってみた」レポ一覧