えっこれ100均アイテムでできるの…⁉ スーパーで買った食材を高見せする盛り付けテクがスゴイ!

#やってみた 

こんにちは!にいどゆうです。
休日はゆっくりめに朝食を取ったり、家事をしたり、家族で買い物に行ったり…特別なことは何もしていないのに「もうこんな時間!?」と驚くほどあっという間に1日が終わります。

そして、特別なことは何もしてなくても疲れるー!

買い物から帰って来てお風呂に入ったら、もうご飯を作る気力がありません。
そんな時に限って作り置きもしてなかったりするんですよね。

晩ごはん、何にしよう…


デパ地下のお惣菜やテイクアウトに惹かれるけど、ちょっと割高なのが気になって頻繁には買えない!
お金をかけずに気分の上がる料理を食べられないものか…。

テイクアウトに惹かれるけど…


そんなへとへとな休日に試したのがレタスクラブ12月号の「買ってきた料理を100均アイテムで高見せする盛り付けテク」!

見慣れた食材をプロっぽく盛り付けて、いつもよりテンションの上がる食卓にするテクニックです。
そう!デパ地下のお惣菜じゃなくていいんです!!

週末、出かけたついでに買ったのは、カット野菜、ポテトサラダ、生ハム、レトルトのカレー、スープ、ミートボールなど。
どれも普通のスーパーで調達できる食品ばかりです。一品あたり約100円!

そしてレタスクラブを参考にしながら、100均で木の板を買ってみました。

さて、この板でお惣菜がどう変身するのか!?
家に帰って、高見せテクニックを実践してみました!

100均の板を活用して高見え!


【100均の板を活用】

100均のDIYコーナーで買える木の板をプレート代わりにすると、食卓が華やかに。高価なカッティングボードを買わなくても、簡単にいつもと違う雰囲気を演出できます。

※板は食品用ではないため、クッキングシートや小皿などを乗せて使用してください。また、色落ちすることがあるため、 強い力で洗わないようご注意ください。

【小分けに盛りつつ 段差を出して高見せ】

サラダなどを一緒に盛らず、それぞれを小鉢に盛ると上品に見えます。木の板を敷き皿にすると、すっきりとまとまりますよ。

ポイント:小皿は大きさをだいたいそろえるようにすると、色や柄、質感が違っても統一感が出ます。少しずつお気に入りの器を集める楽しみも。

小皿は大きささえ揃っていたら、見た目が全然違っても統一感が出るなんて目からウロコ!
揃えなきゃ…という使命感で白い無難なお皿ばっかり使ってました。これからは小皿を選ぶのが楽しくなりそう!

カレーはトッピングとピックで高見せ!


【カレーはトッピングとピックで高見せ!】

レトルトのカレーも、葉物野菜とフライドオニオン、ゆで卵をオンすれば一気に豪華なカフェ風カレーに。子どもにはマステとつまようじで作った即席の旗やピックなどを立ててあげると、より喜んでもらえます。

ポイント:椀に入れて形を整えたご飯を盛りつけピックを立てると、よりきれいな印象に。

楽しそうな雰囲気を感じ取った息子がお手伝い


盛り付けの最中、楽しそうな雰囲気を感じ取った息子がお手伝いをしに来てくれました。
「かっこいい盛り付け、教えてあげるね!」
「ピック、あーくんが刺すね!」
「カメラどこ!?(私の真似をして写真撮影)」

完成したディナープレートを前にして、息子が「パーティだね!」と言いながら目を輝かせています。

めっちゃ高見えしてる~!
味もいつもよりおいしく感じて、ついつい食べ過ぎてしまいました。

レタスクラブ12月号には、クリスマスやお正月などのイベントに使えるテクニックがいろいろと掲載されていたので、イベントの多いこの時期、参考にしたいと思います!

作=にいどゆう


この記事に共感したら

にいどゆう

にいどゆう

主婦イラストレーター。2017年生まれの息子、元クラスメイトの夫... もっと見る

twitter:
@ineedyou31219
Instagram:
@ineedyou31219
ブログ:
ははとこと。

Information

■出典:『レタスクラブ』’21 12月号『買ってきた料理を100均アイテムで高見せする盛りつけテク』


雑誌情報はこちら


▼『レタスクラブ ’21 12月号』情報はこちらから▼

殿堂入り時短レシピランキング/年末年始の洋副菜和副菜/買ってきた料理を100均アイテムで高見せする盛りつけテク/風邪やインフルエンザに負けない!ご機嫌に冬を乗り切る習慣/チャレンジ ことしは、ほぼこすらない大掃除/

おすすめ読みもの(PR)

「やってみた」レポ一覧