その材料じゃなきゃダメって誰が決めた?徹底的に材料を省いて中華作ってみた

#やってみた 

中華料理が好きです!

でも家ではあまり作らないですね。

だって中華って材料も作業工程も多いから!


まずはキャベツやら白菜やらニラやらにんにくやら

ひたすら刻むところから始めるじゃないですか。


あれ大変なんですよね〜

材料刻んだだけで疲れちゃう。

そこでレタスクラブの特集「最小限レシピ」から

材料2品のみの餃子を作ります!

【材料】(2人分・20個)

豚ひき肉 200g

下味(酒 大さじ3、しょうゆ 大さじ1/2、とりガラスープの素 小さじ1、片栗粉 小さじ1)

万能ねぎ 1/2束(小口切り)

餃子の皮 20枚

たれ(酢、しょうゆ各適量)

ごま油 小さじ1

【作り方】

1. ひき肉と下味をよく練り混ぜて、万能ねぎを加えてざっと混ぜる。餃子の皮で等分に包む

2. フライパンを中火で熱し、1を並べる。水1/2カップを加えてふたをし、弱火で6-7分焼く

3. ふたを外して中火にし、縁からごま油を回し入れる。カリっとしたら器に盛り、たれの材料を混ぜて添える


私くらいのズボラになると、もうねぎを切ることすらしませんね。

省ける手間は積極的に省いちゃいましょう。

そうすればまな板と包丁を出すこともなく

いきなりボウルに入れて下味つけて練り混ぜる。

それだけでもう包む段階に進められる!


包むのと焼くのはクリエイティブな楽しみがあって

けっこうきらいじゃないんですよね〜

きれいに仕上がるとうれしい!

そしてお味の方は、2品だけでも

物足りないというようなことはないです。

もっとガッツリ系がいい!というなら

混ぜる時にチューブのにんにくとしょうが

ニューっと出して入れちゃえば

パンチがプラスされると思います。

でもあっさりしてて2品餃子も好きだな〜。

せっかくなので中華で献立をそろえて

最小限レシピからもうひと品。

家ではまず作らない八宝菜!

具が8つだから「八」宝菜なわけですが


その中から2つだけをピックアップ!

思い切ってますね〜!

【材料】(2人分)

豚こま切れ肉 150g(できれば脂が多めのもの。酒大さじ1をもみこむ)

白菜 1/4株(約450g。葉はざく切り、軸は一口大のそぎ切り)

合わせ調味料(しょうゆ、オイスターソース 各大さじ1、とりガラスープの素 小さじ1、水 1/2カップ)

水溶き片栗粉(片栗粉、水 各大さじ1)

ごま油 大さじ1

【作り方】

1.フライパンにごま油を中火で熱し、豚肉を色が変わるまで炒める

2.白菜の軸を加えて約1分炒め、葉を加えてしんなりするまで炒める

3.合わせ調味料を加えて煮立てる。水溶き片栗粉を加え、とろみがつくまで煮る


もう「八宝菜」という名そのものを捨てる。

これも野菜を切ったり

具材ごとに時間差で炒めたりが面倒だけど

このレシピならほぼ何も考えずに作れる〜。


これだけカンタンだと逆に「ちょい足ししちゃお」って思っちゃう。

五宝菜以上は作んない。店で食べる。(きっぱり)

あれこれ具材が多いからって敬遠していた料理でも

ベースとなる具だけにしたって

ちゃんとおいしくできるんですね〜。

今度は豚肉と玉ねぎだけの酢豚、作ってみます!

作=前川さなえ

この記事に共感したら

前川さなえ

前川さなえ

四日市在住のイラストレーター。ライブドアブログで日々更新中の『ぷ... もっと見る

Information

■出典:『レタスクラブ』3/25発売号 「具材も!手間も!最小限レシピ」

※最新の『レタスクラブ』(25日発売)で気になった記事を、人気ブロガーが試してみる・やってみる連載企画、ちょこちょこ更新されるので見に来てくださいね!
記事一覧


おすすめ読みもの(PR)

「やってみた」レポ一覧