私もワイヤレスイヤフォンが欲しいなあ、と思っていました。

ええ、けっこう前から。


でもワイヤレスイヤフォンて、ネット通販サイトのお手頃なものでも3000円くらいはするんですよね。

日々節約を心がける主婦として、自分が使うイヤフォンに3000円以上出費するってのはかなりの勇気がいる一大事。

なにせ、今はプチプラショップで買った数百円のイヤフォン使ってるんですから。


夫はなぜかいつの間にか持ってるんですよね、いいなあ…ずるい…

わたしも便利で快適なワイヤレスイヤフォン、使いたい!


でも高い…欲しい!…でも高い…


…の無限ループを繰り返すこと早1年あまり。

ついに私は決心しました、

スリコの1000円ワイヤレスイヤフォンにチャレンジすることを!!


高コスパと話題の【スリコ】1000円ワイヤレスイヤフォンをついに購入→結果大大大成功! 画像(3/6) 1000円でも必須な機能は揃ってた!スリコのワイヤレスイヤフォン♪

・3coins 「ワイヤレスイヤフォン」1000円/1コ(税別)


以前から高コスパとママ友たちから聞いていたスリコのモバイル関連グッズ。

特に1000円で買えるワイヤレスイヤフォンが気になっていました!


さて、1000円ワイヤレスイヤフォンの実力やいかに!?

さっそく家でパッケージを開けてみると…

高コスパと話題の【スリコ】1000円ワイヤレスイヤフォンをついに購入→結果大大大成功! 画像(5/6) 【画像】1000円ワイヤレスイヤフォンの気になるパッケージ中身は…?

・ワイヤレスイヤフォン(コード長60cm)1本

・交換用イヤーキャップ(S/M/L)各1組

・microUSBケーブル 1本

・日本語取扱説明書 1枚


私は耳が小さくていつも大きすぎるイヤフォンに困っていたので、Sサイズのイヤーキャップが最初から付いているのは◎でした。


ちなみに、

私はシンプルなカナル型のイヤフォンを選んでみましたが。

高コスパと話題の【スリコ】1000円ワイヤレスイヤフォンをついに購入→結果大大大成功! 画像(9/6) 高コスパ品揃えも豊富と定評のある3coinsのモバイル関連グッズ

イヤーフックのついたスポーツタイプなど、ショップには他にも色々なバリエーションもありました。


そして気になるリモコンの機能。

パッケージには詳しいことが書いていなかったので少し不安だったのですが…

高コスパと話題の【スリコ】1000円ワイヤレスイヤフォンをついに購入→結果大大大成功! 画像(10/6) リモコンはとってもシンプル。必要な機能が一通り揃ってます。

シンプルながらも必須機能はきちんとおさえていました!


そして説明書を見る限り、音楽などの音声再生機能だけかなあ、と思ったのですが。

リモコンの裏を見ると表面にマイクらしき穴を発見!

実際に電話をかけてもらうと、リモコンだけできちんと応答&会話できました♪


充電はスマートフォンと同じUSBケーブルで簡単。

高コスパと話題の【スリコ】1000円ワイヤレスイヤフォンをついに購入→結果大大大成功! 画像(15/6) 青いライトが点灯したら充電完了のサイン。

説明書ではフル充電に2時間かかると書いてありましたが、実際に充電してみると初回は1時間少しで充電完了の青いライトが点灯。

きちんと時間を計ったわけではありませんが、説明書通り4時間近く使用できました。


一方、

夫が持っている3000円のワイヤレスイヤフォンは連続8時間再生できる上に防水仕様。

さすが3000円、タフですね!

加えてノイズキャンセリング機能なんかもついてたりして。

1000円と3000円の差は、そういったプラスαの機能の有無に出るようです。


ただ、

私の求めていた用途にはこのスリコの1000円ワイヤレスイヤフォンが十分に応えてくれそう。


子どもが寝た後にリラクゼーション音楽を聴きながらヨガをしたり、掃除機をかけながら好きなラジオ番組を聴いてみたり。

特に音楽に詳しくない私が家の中でちょこちょこ使う分には十分なクオリティーだなあ、と感じました。


なんでも欲しがりの小学生の息子が、さっそく自分も使いたいと言い出し!


子どもでも操作はカンタンだったようで、結果としてこの数週間、私よりも息子の方がよく使っています…(やっぱりか…)

高コスパと話題の【スリコ】1000円ワイヤレスイヤフォンをついに購入→結果大大大成功! 画像(21/6) 低価格で操作もカンタンなので、子どもにもピッタリ。

今年から小学校で本格的な英語の授業が始まってしまった息子。

どうやら学校の先生に教えてもらったラジオの英会話番組を聴いているようです。


いつもだったら、「ダメダメ!すぐ壊しちゃうんだから〜」と防御姿勢に入るところ、

今回は1000円だったため、気軽に貸し与える心の余裕がありました(笑)


充電電池が長持ちすることを祈りつつ、しばらくは親子で仲良く共用したいと思います♪



文=ayako**