キャベツ一玉買ったら半分はコレ! 常備菜「塩キャベツ」で毎日ヘルシー

#やってみた 

糖質オフを長続きさせるお助けレシピは「塩キャベツ」。そのまま食べれば、さっぱりとした味わいに。料理の素としても重宝します。 塩でかたい葉がしんなりし、味しみもよく、生から調理するよりもぐんと時間の節約になるんです。

『安うま食材ダイエット!Vol.5 キャベツで糖質オフ』(レタスクラブMOOK)から、「塩キャベツ」と「塩キャベツ」活用レシピをご紹介します。

◇ ◇ ◇

1週間分作って、さまざまな料理に展開してみませんか? あらかじめ塩でうす味がついているので、シンプルな味つけでもおいしく食べられます。

作りやすい分量は1/2個!

塩キャベツ


塩キャベツ


●糖質量全量で17.3g 全量で98kcal 塩分3.8g

[ 材料 ](作りやすい分量)

キャベツ……1/2個(約500g)

塩……小さじ1 1/2

[ 作り方 ]

① キャベツは横5~6cm幅に切り、さらに縦1㎝幅に切る。

②ポリ袋に①、塩を入れ、口を閉じて振り混ぜる。空気を抜いて口を閉じ、冷蔵室に入れて2時間以上おく(途中で1度上下を返す)。

【保存の目安】 汁ごと保存容器に入れ、冷蔵室で約1週間

次ページ:作っておけば、こんなふうに展開できます!(2/2)

この記事に共感したら

レタスクラブニュース編集部

レタスクラブニュース編集部

「毎日のくらしに、ちょっといいこと」。プロの料理家のレシピを中心... もっと見る

Information

▼『安うま食材ダイエット!Vol.5キャベツで糖質オフ』記事一覧はこちら▼


雑誌情報はこちら



▼『安うま食材ダイエット!vol.5 キャベツで糖質オフ(13)』情報はこちらから▼

▼楽天ブックスで購入▼

レタスクラブムック大好評の安うま食材ダイエットシリーズ!お手頃価格で買うことができるキャベツは、まるまるひと玉食べても、ご飯一膳(150g)の糖質量55.2gよりぐっと低いんです。低カロリーなのに満腹感が得られ、食物繊維で腸内環境を改善して健康的にダイエットをしてみませんか。本書では、糖質量1食10g以下の、おいしく食べてやせられるキャベツメニューを集めました。




おすすめ読みもの(PR)

「やってみた」レポ一覧