これで糖質大幅カット!自粛太りにもってこいの「ガパオ風」

#やってみた 

こんにちは、ユーラシアです。

いきなりですが外出自粛で太りました。2kg太りました。


今は多くの人が運動不足になっているでしょうし、太ったのはきっと私だけではないはず……。とは言え、幼稚園が再開してママ友と会う前になるべく落としたいのが正直なところです。

世の中色々なダイエット法がありますが、私の場合、一番手っ取り早く体重を落とすには夕食のご飯を抜くのがいい気がします(昔これで結構痩せたので! 出産を経てリバウンドしましたが……)。

でも夕食のご飯抜きダイエット、独身時代なら問題ありませんでしたが今はなかなか難しいんですよね。なぜなら、


家族が美味しくご飯を食べるのを目の前で見せつけられるから!

毎日仕事で動き回る夫と食べるのが大好きな息子のために、ご飯が進むこってり系おかずを用意する日も多いので、我慢するのが結構つらい……ぐぬぬ。

白米の代わりに千切りキャベツなどを用意したこともありますが、おかずとの相性がいまいちであんまりお箸が進まず、「はあ…ご飯食べたかったな……」というがっかり感だけが残ってしまうことも多々。

しかし、レタスクラブ6月号「私たちのダイエットは食べなきゃやせない!!」という心強い特集が。

闇雲に量を減らすのではなく食事の質を変えようというダイエット法が紹介されており、野菜やきのこなどを巧みに使った食べ応え充分な「やせレシピ」がたくさん紹介されています。

その中の<ガパオ風>は糖質控えめな上、レタスで包んで食べれば食べ過ぎても安心!ということで、早速作ってみました。

<材料・2人分>

とりひき肉……200g

ヤングコーン……5本

長ねぎ……1/2本

赤パプリカ……1/2個

にんにくのみじん切り……1片分

赤とうがらしの小口切り……1本分

レタス……適量

合わせ調味料

・オイスターソース……大さじ1

・ナンプラー……小さじ1

ごま油

<作り方>

1. ヤングコーン、ねぎは1cm幅に切り、パプリカは1cm四方に切る。

2. フライパンにごま油小さじ1、にんにく、赤とうがらしを入れ、弱火で熱する。香りが立ったら中火にし、ひき肉を加えてほぐしながら炒める。肉の色が変わったら、1と合わせ調味料を加えて、2〜3分炒め合わせる。

3. 器に盛り、レタスを食べやすくちぎって添える。

家族の分はごはんに乗せてガパオライスにし、私はレタスで食べることに。


使ったのはヘルシーなとりひき肉ですが、ヤングコーンとパプリカの食感が楽しめて食べ応えは充分でした。シャキシャキのレタスに包んで食べれば「私だけご飯なし……」という寂しさもゼロ。オイスターソースとナンプラーでしっかり味付けがされてるので、これは「ご飯が進む」ならぬ「レタスが進む」おかずです。


これならガパオをたくさん食べられるので「我慢してる感」が全くありません。むしろシャキシャキバリバリの食感のおかげで満足感すらあります。とにかくこの食べ応えが嬉しい!

が、そんな私を見て息子が一言。


「お母さんばっかりレタスで包んでてずるい」。

私があまりにも美味しそうにシャッキシャキ食べていたせいか、まさかの「レタス独り占め」を羨まれる事態に……。

私はご飯の代わりにレタスを食べてるだけなのに! でも確かにこのガパオはレタスで包むのが至高な気がする!


夫も便乗してきて、結局家族みんなでレタスに包んで食べました。もちろん夫と息子はご飯も完食。レタスにもご飯にも合う味だったようです。

そういうわけで、ご飯抜きなのに大満足な夕食でした。

……でも本音を言うと、せっかくの美味しいガパオ、次はぜひご飯バージョンも試したい。ダイエットが無事終わったら、私もご飯に乗せてガパオ丼をがっつり食べるんだ……!(永遠に終わらない予感)

作=ユーラシア

この記事に共感したら

ユーラシア

ユーラシア

2015年生まれの男児を育てつつ、たまに趣味で絵などを描いている... もっと見る

おすすめ読みもの(PR)

「やってみた」レポ一覧