「うわぁ…腐ってる!!」となる前に!きゅうりは「海水漬け」で時短&日持ちアップ

#やってみた 

足の早いきゅうりを腐らせないために、キッチンペーパーやラップを使って保存方法を工夫している方も多いのでは?「海水漬けは」洗って切って塩水に漬けるだけなので、手間がかかりません。そのまま食べるもよし、海水漬けをアレンジして料理に使ってもよしです!

『安うま食材ダイエット!vol.3 きゅうり』(レタスクラブMOOK)から、きゅうりの「海水漬け」の作り方や海水漬けをつかったアレンジレシピをご紹介します。

塩水に漬けることで程よく下味がつく

きゅうりと夏野菜の海水漬け


きゅうりと夏野菜の海水漬け


●全量で184kcal/塩分全量で4.9g

[ 材料・作りやすい分量 ]

きゅうり……3本

にんじん……1/2本

なす……3個

みょうが……4個

キャベツ……小1/4個(約200g)

昆布(5×5cm)……4枚

赤とうがらし……1本

塩水

・塩……大さじ2

・水……5カップ

[ 作り方 ]

1.きゅうりはへたを落とす。にんじんは縦半分に、なすはへたを落として縦半分に切る。

2.大きめの保存容器に1、みょうがとキャベツはそのまま入れる。昆布、とうがらしをのせ、塩水の材料を注いでふたをし、冷蔵室で一晩漬けおく。

*塩水に漬けたまま、冷蔵室で4~5日間保存可能。食べやすく切り、漬けものとして食べてもおいしい。

次ページ:海水漬けを使ったアレンジレシピ(2/2)

この記事に共感したら

レタスクラブニュース編集部

レタスクラブニュース編集部

「毎日のくらしに、ちょっといいこと」。プロの料理家のレシピを中心... もっと見る

Information

▼『安うま食材ダイエット!vol.3きゅうり』記事一覧はこちら▼






雑誌情報はこちら



▼『安うま食材ダイエット!vol.3 きゅうり』情報はこちらから▼

▼楽天ブックスで購入▼

シャキシャキとした歯応えのある食感とすっきりとした味わいで、メイン料理のつけ合わせや酢のもの、漬けもの、サラダといった副菜など、和洋中どんな料理にも使える「きゅうり」。料理の脇役としてとらえられがちなきゅうりですが、食べるだけでみるみるやせる!と、そのすぐれたダイエット効果で注目を集めています。また、きゅうり1本あたりのカロリーは約14kcalと非常に低カロリーで、ダイエットにピッタリ! きゅうりをおいしく食べてダイエットできるレシピを紹介します。

おすすめ読みもの(PR)

「やってみた」レポ一覧