まさかの材料で罪悪感ゼロ! バスク風チーズケーキ作ってみた

#やってみた 

外出自粛中、おうちでおやつを作る機会が増えました。

子どもたちといっしょに、ケーキ、クッキー、プリン…

しかし、おこもり生活が予想以上に長引いたことで、

手作りお菓子もあまりやらなくなり…。

やはりこういうのはたまにやるから楽しいんであって

あまりしょっちゅうだと家事と変わらなくなっちゃうというか。

そしてそれより問題は…材料を計量することで可視化される

お菓子に含まれるカロリーの多さ!!


もちろん市販のお菓子だって同じような材料でできているけど

自分で作ることにより現実をつきつけられるというか…。

ただでさえおこもり運動不足で体重増加傾向まっしぐらなのに〜!

そんな中!レタスクラブで特集されていた

『罪悪感0のチーズケーキ』の作り方!

高カロリーの食材を低カロリー食材に置き換えることで

間食OKの範囲内におさめてしまおうというもの。


それはありがたい!と

私が試してみたのは『バスク風チーズケーキ』。

お豆腐とかを用意している様子は

とてもこれからお菓子を作るとは思えませんね(笑)


バスク風チーズケーキ


【材料】(直径15㎝の底がはずせる丸型1台分・6人分)

・絹ごし豆腐…200g

・プレーンヨーグルト…100g

・クリームチーズ…100g

・卵…2個

・砂糖…60g

【下準備】

・絹ごし豆腐とヨーグルトはそれぞれペーパータオルで包み、ボウルに重ねたざるにのせる。おもしをして豆腐は約150g、ヨーグルトは約50gになるまで30~40分水きりする。

・クリームチーズは室温にもどす。

・オーブン用ペーパーを直径28cmの円形に切り、丸型に敷き込む


豆腐で食感を、ヨーグルトで酸味を補う感じでしょうか。

【作り方】

1.豆腐とクリームチーズを混ぜる

別のボウルに水きりした豆腐を入れ、泡立て器でなめらかになるまで練る。クリームチーズを加えてよく混ぜ合わせる。

2.ヨーグルトと砂糖を加える

水きりしたヨーグルトと砂糖を順に加え、そのつどよく混ぜる。

3.卵を加える

卵を1個ずつ割り入れ、そのつどよく混ぜる。

4.型に生地を流し入れて焼く

型に3.を流し入れ、250℃に予熱した(約10分)オーブンで約25分、表面が濃いこげ茶色になるまで焼く。焼き色がうすいようなら5分ずつ延長しながら焼く(機種によって焼き色がつきにくい場合があるので最長20分まで)。粗熱をとって型からはずし、冷蔵室に2時間~一晩おく。

私、たいていのお菓子作りにつきものの

「粉をふるう」作業が面倒で苦手なんですけど

このレシピは小麦粉も使わないからその工程がないんですね。

それだけでも私にとってのハードルがぐっと下がります。


これこれ!

バスク風チーズケーキといえばこの焦げがほろ苦くておいしいんですよね!

見た目はまるっきり普通のチーズケーキと変わりません。

さて肝心のお味の方は?


豆腐で豆の味や匂いが邪魔してしまうのでは?と心配してましたが

むしろ口溶けが濃厚になってよかったです。

そういえばパンケーキを焼くときに

豆乳で作ったりするけどあんまり気になったことないもんな〜。

これでカロリーぐっと控えめなのはうれしい!

ダイエット中でも甘いものを完全にガマンすると

ストレスで続かなかったりするけどこれなら

たまの楽しみに食べても罪悪感0ですね!

作=前川さなえ

この記事に共感したら

前川さなえ

前川さなえ

四日市在住のイラストレーター。ライブドアブログで日々更新中の『ぷ... もっと見る

おすすめ読みもの(PR)

「やってみた」レポ一覧