おもてなしにも大活躍! フライパンで作れるごちそうごはんレシピ5選 画像(1/2) 「ジャンバラヤ風フライパンピラフ」 レタスクラブニュースより
「ジャンバラヤ風フライパンピラフ」 レタスクラブニュースより

調理:下条美緒 撮影:三村健二

ごちそうごはんといえば、美味しいけど料理の手間がかかりそうなイメージ。でもフライパン1つあればできちゃう“ごちそうごはんレシピ”もあります! 簡単に作れて、フライパンのまま食卓に出せば、洗い物を減らすこともできて一石二鳥ですね。今回紹介するのは、おもてなしにも大活躍間違いなしのフライパンで作れるごちそうごはんレシピ5つ。みんなに驚かれるようなごちそうを作って、ワイワイ美味しくいただきましょう。

【ジャンバラヤ風フライパンピラフ】(1人分643Kcal、塩分2.1g、調理時間30分)

<材料・2人分>とりもも肉 大1/2枚(約150g)、ピザ用チーズ 大さじ4、ピーマン 1個、マッシュルーム 3個、玉ねぎ 1/2個、トマト 小1/2個(約60g)、にんにくのみじん切り 1片分、ミックスビーンズ水煮缶 1/2缶(約50g)、米 1カップ、煮汁(赤とうがらしの小口切り 1本分、酒・ウスターソース・トマトケチャップ 各大さじ1、しょうゆ 小さじ1/2、カレー粉 小さじ1/4、水 1カップ)、塩、こしょう、オリーブ油

<作り方>

1. ピーマンは縦半分に切って5mm四方に切る。マッシュルームは薄切りにする。玉ねぎはみじん切りにする。トマトは7~8mm角に切る。とり肉は1cm角に切って塩、こしょう各少々をふる。

2. フライパンにオリーブ油大さじ1を熱し、にんにく、玉ねぎを炒める。玉ねぎがしんなりしたらとり肉、マッシュルームの順に加えて、そのつど炒める。油がまわったら米を加えてざっと炒める。

3. 米が透き通ってきたら煮汁を加えてふたをし、弱火で約10分炊く。いったんふたを取ってピーマンを散らし入れ、再びふたをしてさらに約7分炊く。ピーマンは約10分炊いたところで加えると、色が悪くなりにくく、食感のよさも残る。火を止めて、トマト、ミックスビーンズ、ピザ用チーズを散らし、ふたをして約5分蒸らす。好みで粗びき黒こしょうをふって。


【コーンカレーフライパンドリア】

カレールウを使ったフライパンドリア。セロリの香りとカレーの風味が絶妙にマッチします。

おもてなしにも大活躍! フライパンで作れるごちそうごはんレシピ5選 画像(3/2) 「コーンカレーフライパンドリア」 レタスクラブニュースより
「コーンカレーフライパンドリア」 レタスクラブニュースより

調理:浜内千波 撮影:木村拓


【フライパンオムライス】

包まないタイプのフライパンオムライス。卵と上にかけたチーズがとろけてやみつきに。


【フライパンハイナンチキンライス】

とり肉のうまみをお米が吸って絶品に。お好みで香菜を乗せていただきます。


【ビーフトマトフライパンドリア】

特別な材料がなくてもできあがるビーフトマトドリア。輪切りのピーマンを乗せてアクセントに。

いままで手間がかかりそうで避けていたといった料理も気軽にできますよ。また、特別手に入れづらい食材がないのも嬉しいポイント。作ったらきっと自慢したくなる、本格的なのに簡単、だけど驚かれるようなごちそうにチャレンジしてみてはいかが?

【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】