肉にも野菜にも合う、万能な「玉ねぎにんじんだれ」を作ろう

#食 

生の野菜や果物に多く含まれる酵素を効率よく摂るなら、すりおろしたりミキサーにかけたりしてドレッシングにするのが断然おすすめ。こうすることで素材の細胞膜が破れ、活性化。そのまま食べるよりもずっと多くの酵素をとることができるのです。

『体にいい安うま食材 vol.1 玉ねぎ』(レタスクラブMOOK)から、「玉ねぎにんじんだれ」レシピをご紹介します。

肉にも野菜にも合う万能だれ

玉ねぎにんじんだれ

全量で] 1048kcal 塩分5.8g

[ 材料・作りやすい分量200ml分 ]
玉ねぎ……小1/4個
にんじん……1/4本
合わせ調味料
・サラダ油……1/2カップ
・白すりごま……大さじ2
・砂糖、酢、うす口しょうゆ(またはしょうゆ)……各大さじ2
おろしにんにく…小さじ1/2

[ 作り方 ]
玉ねぎ、にんじんは粗く切り、合わせ調味料とともにミキサーに入れ、なめらかになるまでかくはんする(ミキサーがない場合は、玉ねぎ、にんじんをすりおろし、合わせ調味料を加えて泡立て器でよく混ぜ合わせる)。にんにくを加えて混ぜる。

玉ねぎとにんじんは大きめに切ってからミキサーにかけてなめらかに。

●保存瓶に入れ、冷蔵室で約5日間保存可能

次ページ:豚肉をソテーしてかけるだけ!(2/2)

この記事に共感したら

Information

詳しいレシピはこちら!
玉ねぎにんじんだれ
ポークソテー玉ねぎにんじんだれがけ

▼『体にいい安うま食材vol.1玉ねぎ』記事一覧はこちら▼



『体にいい安うま食材vol.1玉ねぎ』
「1日に1個食べると体にいい」と言われている玉ねぎですが、使わないうちに芽が出てしまったり、料理の脇役になってしまい少ししか摂れない…なんてことはありませんか?この本では、栄養効率をよりアップさせたり、ささっと作れてしっかり使い切れるアイデアレシピをご紹介。モリモリ食べて、玉ねぎの健康パワーを実感しましょう!


▼amazon▼

▼amazon Kindle版▼

▼楽天ブックス▼

▼楽天ブックス電子版▼

調理/有馬邦明(パッソ ア パッソ)、石原洋子、市瀬悦子、伊藤晶子、伊藤朗子、井上かなえ、井原裕子、植松良枝、牛尾理恵、小田真規子、金丸絵里加、栗山真由美、小林まさみ、小松美帆、重信初江、鈴木 薫、瀬戸口しおり、堤 人美、外処佳絵、平井淑子、藤野嘉子、Mako、丸山久美、みないきぬこ、柳原るり、梁 銀姫(水刺齋)、吉田瑞子、渡辺麻紀

撮影/新居明子、石川美香、榎本 修、澤木央子、白根正治、鈴木泰介、宗田育子、竹内章雄、千葉 充、豊田朋子、野口健志、原 務、原 ヒデトシ、日置武晴、広瀬貴子、福尾美雪、福岡 拓、三村健二、安井真喜子

おすすめ読みもの(PR)