ご飯をモリモリ食べても罪悪感なし!「ねぎどり」 おいしいおかずが一品あればいい!(1)

#食 
罪悪感なしの「ねぎどり」


「賛否両論」の笠原将弘さんによるおいしいおかず53レシピと、家庭料理にまつわる初の書き下ろしエッセイがたっぷり入った見ごたえのある料理本「実は、一菜でいい。 おいしいおかずが一品あれば、それで充分という提案」。毎日のごはん作りをがんばる人たちに贈る1冊です。

今日は何を作ろう?と思ったときにパラッとめくってその日の気分で選べる、探せる、調理法別の53レシピの中から、編集部厳選のレシピを5つご紹介します。今回は第1回、「ねぎどり」です。

◆ねぎどり

牛タンならぬ、とりむね肉でねぎだれを味わう、新感覚ヘルシー焼き肉。
これならご飯をモリモリ食べても罪悪感なし!
ねぎだれは大根おろしとレモン入りでさっぱり。

●材料(3~4人分)
長ねぎ …… 1本
とりむね肉 …… 小2枚(約400g)
大根 …… 150g
A
 レモン汁 …… 1個分
 昆布茶、塩 …… 各小さじ1
 白いりごま …… 大さじ1
 ごま油 …… 大さじ3
 粗びき黒こしょう …… 小さじ1/2
塩 …… 適量
サラダ油 …… 大さじ1

●作り方

1 ねぎは両面に、斜めに蛇腹状に切り目を入れてから横薄切りにする(みじん切りになる)。

2 大根はすりおろして、汁けを軽く絞る。

3 ボウルに1と2、Aを入れて混ぜ、約20分おく。

4 とり肉は皮を除き、薄いそぎ切りにする。両面に軽く塩をふる。

5 フライパンに油を熱し、4を並べ入れる。うすく焼き目がついたら上下を返し、同様に焼く。

6 器に盛り、3適量を肉にかける。

※余った3のねぎだれは密閉容器に入れ、冷蔵室で約1週間保存可能。

○1人分230kcal/塩分2.3g

著=笠原将弘/「実は、一菜でいい。 おいしいおかずが一品あれば、それで充分という提案」(KADOKAWA)

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)