大転換期に突入/2021年「九紫火星」の人の運勢

#くらし 
しっかりと休み、家族サービスを心がけるように


新型コロナウイルス感染拡大に九州豪雨、長期政権を誇った安倍首相の退任と、激動の1年となった2020年。
変化し続ける状況と先の見えない不安に揺れ動く日々を過ごした人も多いのでは。
来る2021年に向けて、どんな心持ちで備えれば良いのかを「社会運勢学」の第一人者・村山幸徳先生の資料から読み解きます。
2021年のバイオリズムと家庭運を中心にご紹介します。

生まれ年から本命星を探す

生まれ年から本命星を探す

個人の運勢(下の記事)は、自分の生まれ年に巡っていた九星の本命星で見ます。年の変わり目は節分とし、2月3日生まれまでは前年で見ます。

「九紫火星」2021年のバイオリズム

九紫火星の2021年のバイオリズム

2021年から人生の大転換期の3年間に突入する九紫火星。それでも夏場には運勢の強さが輝くから、前半戦が勝負どころだ。

秋口から停滞が始まる。周囲のテンションの上下にも気づけないほど心ここにあらずの生活となりそうだ。しかし、あせりは不要。静かな時間が運勢を高める。安心して、落ち着いて生活したい。

師走の運勢の落ち込みはかなりのものになるから注意が必要。

それでも周囲や環境には恵まれるから全体を通して幸せな一年。気張るばかりではなく、周囲に安心してもたれかかっていい。

恩返しのチャンスは2022年にやってくる。

「九紫火星」家庭と健康

2021年は家庭にこそ吉がある。九紫火星はマルチタスクを得意としない。それゆえに、仕事をしているときは、ほとんど家庭を顧みることがない。仕事を頑張ることは素晴らしい。また、夢中になって取り組むときの九紫火星の目の輝きは美しく、その美しさの前に、家族でさえ何も言えなくなってしまう。九紫火星本人には、全くそんな自覚がないから、知らないうちに家族に気を使わせているなどとは夢にも思わない。ここまで全力で走ってきた。2021年は停滞感を伴うから、月に二、三回はしっかりと休み、家族サービスを心がけるように。また、相続問題には、真正面から取り組もう。お金のことだけでなく、どのように弔ってほしいかなどの具体的なアクションを考えるように。若い九紫火星であれば、両親とそういった話をするといい。いずれは向き合わねばならない問題だ。

健康面では循環器に不安が生じる。不整脈などがある人は、日頃から十分に注意しつつ、定期的に検診を受けること。2021年は病が再発しやすい。小さな病であっても、いったん落ち着いた後に悪化しがちだ。特に腰痛には十分に注意。ぎっくり腰は癖になる。その他の関節のケガや病にも気をつけておきたい。膝関節に不安を持つ人であれば、インソールの購入を考えてみよう。足の関節は、何と28個もの骨が存在し、複雑に絡まっている。骨の数が多いほどに、関節を支える靭帯(じんたい)は増え、不安定さを増す。そこに体重が乗るわけだから、負荷がかかりやすい。足の負荷を軽減すれば、膝への負担も減る。

著=村山 幸徳/「展望と開運2021」(KADOKAWA)

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //