煮込まないから簡単!ドライカレーレシピ5選

#食 

スパイシーな香りで食欲増進、アイデア楽しいドライカレー


素材の旨味がギュッと凝縮されたドライカレー。根菜などを煮込む時間がかからないので、いつものカレーより気軽に作れるのがうれしいところ。今回は季節の野菜がたっぷりと入ったものや、レバーを混ぜたものなど、バラエティ豊かなドライカレーレシピを5つご紹介します。

6種の野菜とレーズンが入った風味豊かな「ドライカレー」


ドライカレー


<材料2人分>

温かいご飯…小どんぶり2杯分、レーズン…大さじ1、ブランデー、白ワイン…各適宜、玉ねぎ…1/4個、にんじん…3cm(20g)、ピーマン…1/2個、赤ピーマン…1/4個、トマト…1/2個、冷凍グリーンピース…大さじ1弱、合いびき肉…100g、ローリエ…1枚、カレー粉…大さじ1、卵…2個

バター、塩、こしょう、サラダ油

<作り方>

1. レーズンはブランデーにひたす。ピーマン、赤ピーマンはへたと種を除いて、玉ねぎ、にんじんと粗めのみじん切りに。トマトもへたと種を除き、1cm角に切り、グリーンピースは水にひたして解凍する。        

2. フライパンにバター大さじ2を溶かし、ひき肉、ローリエを入れて炒める。ひき肉の色が変わったら玉ねぎ、にんじんを加えて炒め、続いてピーマン、赤ピーマンを加えて炒め合わせる。カレー粉を加えて炒め、具を調味する。

3. ご飯を加え、ワインをふり入れる。ご飯はへらで切るようにして炒める。色むらがなくなったらトマトを加えて炒め、さらにレーズン、グリーンピースを加えて炒め、塩、こしょうで味をととのえる。

4. 器に盛り、油少々をひいたフライパンで目玉焼きを作ってのせる

具に味つけをしてからご飯と炒めるので、しっかりと味がからみます。色鮮やかで、お弁当にもおすすめ。

焼きとりを使う技ありレシピ「レバー入りドライカレー」


レバー入りドライカレー


女性の味方でもある鉄分の多いレバーを、おいしく食べられるレシピ。焼きとりを使うので面倒な下処理も不要です。

コロコロ野菜たっぷりでヘルシー「ベジタブルドライカレー」


ベジタブルドライカレー


なす、きゅうり、トマトなどの野菜を細かくカット。食欲がない時でもペロリといける、栄養が詰まった一皿です。

みんな大好きカレー&チーズ「焼きドライカレーの温玉のっけ」


焼きドライカレーの温玉のっけ


オーブンを使わずにフライパン1つで作り上げる焼きドライカレー。たった10分で完成!

食感がたまらない「たけのことピーマンのドライカレー」


たけのことピーマンのドライカレー


たけのこや新玉ねぎが入る、春ならではの味わい。具材をよく炒めると、香りやコクを引き出せます。

残ったドライカレーはサンドイッチの具材、ポテトコロッケのあんに加えるなど、リメイクしても楽しいですよ。

【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)