【旬レシピ】栄養満点なスープもグイッと召し上がれ♪「あさりと豆腐のキムチチゲ」 画像(1/4) キムチの味によって、しょうゆの量を調節して

今が旬のあさり。貧血予防&改善に効果のある鉄分や、肌や髪、爪の健康を保つ働きのある亜鉛を含む、女性の健康や美容にうれしい食材です。さらに、便秘解消や美肌効果のあるキムチと、大豆イソフラボンがとれる豆腐を組み合わせて、美容効果をアップ! 栄養満点のスープまでしっかり召し上がれ。


【あさりと豆腐のキムチチゲ】(1人分167Kcal、塩分3.5g、調理時間15分)


<材料・2人分>あさり(砂抜き)300g、もめん豆腐300g、チンゲンサイ2株、白菜キムチ120g、スープ(とりガラスープの素小さじ1/4、酒大さじ1、水2カップ)、しょうゆ


<作り方>

1.チンゲンサイは葉と軸に分け、葉はざく切りに、軸は3cm長さに切る。豆腐は縦3等分、横半分に切り、キムチは大きければ食べやすい大きさに切る。あさりは洗い、水けをきる。

2.フライパンにスープの材料を混ぜて入れる。中火にかけ、ふつふつとしたらあさりを加える。再び煮立ったらふたをして弱火にし、約2分煮る。

3.あさりの口があいたら、豆腐、キムチ、チンゲンサイの軸を加え、ふたをして約5分煮る。ふたをとってチンゲンサイの葉を加え、しょうゆ大さじ1/2~1も加えて、時々、豆腐に煮汁をかけながら煮る。チンゲンサイの葉がしんなりしたら火を止める。

【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】