【和食レシピ】加賀の郷土料理を作りやすくアレンジ「豚肉とかぶの治部煮(じぶに)風」 画像(1/3) 味のしみたやわらかいかぶが◎
味のしみたやわらかいかぶが◎

調理=外処佳絵 撮影=安井真喜子

治部煮(じぶに)は石川県金沢市を代表する郷土料理のひとつ。地元の麩を使うのが特徴ですが、今回は手に入りやすい食材を3品に絞り、家庭でも手軽に作れるレシピをご紹介。つるりとした食感の豚肉や味のしみたかぶなど、しみじみおいしい煮ものです。


【豚肉とかぶの治部煮(じぶに)風】(1人分403Kcal、塩分1.8g、調理時間15分)


<材料・2人分>豚ロースとんカツ用肉200g、かぶ(葉つき)4個、しめじ50g、だし汁1 1/4カップ、合わせ調味料(酒・しょうゆ・みりん各大さじ1)、塩、片栗粉


<作り方>

1.かぶは葉を根元から切り分け、縦半分に切る。葉適量は5cm長さに切る。しめじはほぐす。豚肉は3等分のそぎ切りにし、片面に塩少々をふり、片栗粉を薄くまぶす。

2.鍋にだし汁、合わせ調味料、かぶを入れ、ふたをして中火で煮る。沸騰したら、弱めの中火にして約5分煮る。

3.豚肉を1切れずつ加え、肉の色が変わったらしめじ、かぶの葉を加える。ふたをして2~3分煮る。

【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】