【時短レシピ】辛くない、さわやか麻婆豆腐「アスパラガスとたらの白麻婆炒め」 画像(1/2) さんしょうの香りが引き立つやさしい味わい

今が旬のグリーンアスパラガスを使った、さんしょうの香り豊かな麻婆豆腐です。白い見た目からも分かるように辛くなく、マイルドでやさしい味わい。子どももスイスイ食べられるうえ、ママには美容と健康にうれしい大豆イソフラボンがたっぷり! フライパンひとつ、10分でできるのも魅力です。


【アスパラガスとたらの白麻婆炒め】(1人分217Kcal、塩分2.3g、調理時間10分)


<材料・2人分>生だら1切れ、絹ごし豆腐1丁、グリーンアスパラガス6本、しょうがのみじん切り1かけ分、長ねぎのみじん切り10cm分、合わせ調味料(とりガラスープの素小さじ1、塩・砂糖各小さじ1/2、水1カップ)、粉ざんしょう適量、水溶き片栗粉(片栗粉・水各大さじ1)、ごま油


<作り方>

1.アスパラガスは根元を約5mm切り落とし、下のほうのかたい部分約5cmの皮を皮むき器でむき、斜め3~4等分に切る。豆腐は厚みを半分に切り、横半分、縦4等分に切る。たらは小さめの一口大に切る。

2.フライパンにごま油大さじ1を中火で熱し、しょうがを入れて炒める。香りが立ったらアスパラガス、たらを加え、たらが白くなるまで炒める。

3.合わせ調味料を加え、煮立ったら豆腐を加えて約1分30秒煮る。ねぎを加えて弱火にし、水溶き片栗粉を回し入れてとろみがつくまで煮る。器に盛り、粉ざんしょうをふる。

【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】