【作り置きレシピ】レンチンで完成!働く女子にもってこいの「洋風蒸しどり」 画像(1/4) 蒸し汁を混ぜたごはんが美味
蒸し汁を混ぜたごはんが美味

調理=藤井恵 撮影=木村拓

4月から始まるお弁当生活に、今から頭を悩ませている人はいませんか? 「洋風蒸しどり」を作っておけば、朝はお弁当箱につめるだけでOK! 時間があるとき、もも肉が安いときにぜひ作り置きしてみて。温め直して野菜を添えれば、立派な夕食メニューにも早変わり。働く女子にもってこいの超簡単作り置きレシピです。


【洋風蒸しどり】(全量で2070Kcal、塩分9.0g)

【作り置きレシピ】レンチンで完成!働く女子にもってこいの「洋風蒸しどり」 画像(3/4) 【写真を見る】肉汁もおいしいので蒸し汁ごと使い切って!
【写真を見る】肉汁もおいしいので蒸し汁ごと使い切って!

調理=藤井恵 撮影=木村拓


<材料>(作りやすい分量・4~5人分)

とりもも肉3枚(約750g)、合わせ調味料(おろしにんにく1片分、おろししょうが1かけ分、マヨネーズ大さじ6、トマトケチャップ大さじ2、酒大さじ2、カレー粉大さじ1、しょうゆ大さじ1、塩小さじ1/2


<下ごしらえ>

とり肉は皮目にフォークを刺し、室温に約10分おく。


<作り方>

(1)耐熱皿に合わせ調味料を入れ、とり肉を1枚ずつ入れてからめる。皮目を上にして均一に並べ、ふんわりとラップをかけて500Wの電子レンジで約14分加熱する。切り目を入れて生っぽい部分があれば、様子を見ながら1~2分ずつ加熱する。

【作り置きレシピ】レンチンで完成!働く女子にもってこいの「洋風蒸しどり」 画像(6/4) 合わせ調味料の入った耐熱皿にとり肉を1枚ずつ入れてまんべんなくからめたら、とり肉の皮目を上にしてなるべく均一になるように並べる。ラップはふわっとかける
合わせ調味料の入った耐熱皿にとり肉を1枚ずつ入れてまんべんなくからめたら、とり肉の皮目を上にしてなるべく均一になるように並べる。ラップはふわっとかける

調理=藤井恵 撮影=木村拓


(2)取り出して、ラップをかけたまま粗熱をとる。

※密閉容器に蒸し汁ごと入れて、冷蔵庫保存する。冷蔵庫で4~5日間保存可能。


アレンジメニューもチェック!

【作り置きレシピ】レンチンで完成!働く女子にもってこいの「洋風蒸しどり」 画像(10/4) じゃがいもを添えてメインおかずに
じゃがいもを添えてメインおかずに

調理=藤井恵 撮影=木村拓

【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】