毎日のごはん作り、何を作ってどう乗り切ってる? 子育て主婦438人のへとへと食事情

#くらし 

最近、自分の作るごはんに飽きてきた!という方も多いのでは。
多い人だと、お弁当を含め1日3食、年間で1000食以上作っている計算になります。
これではマンネリ化もしますよね…。
でも他に作ってくれる人なんていないし、外食に頼るにも予算が限られているし、結局自分がやらざるを得ない…そんな声をよく聞きます。

そこでレタスクラブでは、子育て中の主婦の皆さんの食生活の実態についてレタスクラブアンケート部の皆さんに尋ねました。(2021/8/17~2021/8/24実施:回答者1811人のうち「女性・既婚・子どもあり・23歳~50歳」の子育て中の主婦438人の回答を抽出)。
定番のお手軽メニューや食生活を豊かにするコツなど、今すぐ取り入れられるアイデアも満載です!

食事作りに休みはある?


食事作りに休みはある?


掃除や洗濯は数日放置してもなんとかなるけど、1日たりとも休めないのが食事作り。
週に1日でもいいから休めたら嬉しいですよね。そこで、自分以外の誰かが食事を作ってくれることがあるか、その頻度を聞いてみました。

食事作りを自分以外が担当する頻度

「食事作り」を自分以外が担当することはどのくらいありますか?

毎日…66票(15.1%)
週に5~6日…24票(5.5%)
週に3~4回…16票(3.7%)
週に1~2回…90票(20.5%)
ほぼない…242票(55.3%)


「ほぼない」と答えた人が過半数を占めていたことから、やはり毎日休まずがんばっている人が多いよう。ただそのいっぽうで、週に何日かでも自分以外が食事作りを担当する日があると答えた人も半数弱いることがわかりました。ちなみに自分以外で食事作りをすることがあるのは、「夫」が68.0%でトップ。次いで、「母(子どもにとっての祖母)」が16.2%、「子ども」が10.6%という結果に。
共働き家庭が多くなってきたことで、食事作りの家事をシェアする家庭も徐々に増えてきているようですね。

食事作りの何が大変?


食事の支度の中でも一番大変に感じていることを聞いてみたところ、圧倒的多数の人が「献立を考えること…256票(58.4%)」と回答しました。2位の「調理」、3位の「食器洗い」はともに約10%強だったことからも、食事作りにおけるへとへとの原因は、肉体的疲労よりも、献立に頭を悩ますという精神的な疲労のほうが大きいようです。毎日のことだし、家族の好き嫌いもあるし、調理にかけられる時間も限られているしで、「マンネリ化する」、「ネタ切れする」という声も多く寄せられました。

それだけ悩んでいる人が多い献立作りですが、考える際に何を重要視しているのでしょうか?その理由と共に尋ねてみました。

食事作りで重要視するポイント

作る料理を決める際、特に重要視していることは何ですか。

1位 栄養バランスがいい…151票(34.5%)

・「毎日の食事は栄養源。免疫力を高める上でも栄養バランスは大切だと思います」
・「独身時代にレトルト・インスタント・外食が続いて風邪をひきやすくなったので、重要性が身に染みている」
・「子どもは成長期なので体づくりが大切だし、偏食も防ぎたいので」

家族の健康を守るため、食事では栄養バランスを最重視という人が、最も多い結果となりました。

2位 簡単に作れる…92票(21.0%)

・「フルタイムの仕事をしていて、時間との勝負」
・「夕方は時間がないから。食べたら片づけて、お風呂に入って、子どもを寝かしつけてとバタバタなので、手の込んだものは作れない!」

など、仕事や育児に忙しく、現実的に料理にそんなに時間を割けないという人が多々。また、
・「子どもたちの『おなか減った』コール」
・「料理に時間をかけていたら、お菓子を食べられてしまう」

など、スピーディーに提供しなければというプレッシャーを感じている人も。せっかく栄養バランスを考えて作っても、先にお菓子でおなかいっぱいになられたら困りますよね…。

3位 家にある食材で作れる…87票(19.9%)

・「まとめ買いしてある食品で夕食を準備しないと、コストの面でも時間の面でもロスが生じる」
・「食材の無駄をなくすため」

など、時間やお金の節約、食品ロス防止のためという意見のほか、コロナ禍で買い物の回数を減らしていたり、子連れで頻繁に買い物に行けなかったりなど、気軽に外に出られない事情から、家にあるもので作れることが必須条件という人も多くみられました。

次ページ:朝ごはんと晩ごはん、みんな実際何を作ってる?(2/2)

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //