レンジでしっとり仕上げるコツは○○! さっぱりヘルシー「とり肉と豆苗のザーサイ蒸し」

#食 
「とり肉と豆苗のザーサイ蒸し」

おいしいものであふれる味覚の秋は、食欲も数割増し! 「しまった、うっかり食べ過ぎた」なんて日々を積み重ねてしまわないように、食べ過ぎてしまった日の翌日はヘルシーな料理で体をリセットしましょう。というわけで今回は「レンジで完成!ボリューム肉レシピ特集」より、ヘルシーな「とり肉と豆苗のザーサイ蒸し」をご紹介。とり肉にまんべんなく片栗粉をまぶしておけば、レンジでもしっとりジューシーな食感に仕上げることができるんです。ザーサイが自宅にないなら、この機会にぜひ使ってみて。蒸し料理以外にも、サラダや炒めもの、そのままおつまみに…と大活躍してくれますよ!

とり肉と豆苗のザーサイ蒸し

【材料・2人分】
とりむね肉(皮なし)…1枚(約200g)、玉ねぎ…1個(約200g)、ピーマン…2〜3個(約50g)、豆苗…2/3袋(約60g)、ザーサイ(味つき)…25g、酒、塩、片栗粉、サラダ油

【作り方】
1.玉ねぎは四つ割りにし、横1cm幅に切る。ピーマンは縦半分に切り、一口大に切る。豆苗は4cm長さに切り、ザーサイは細切りにして、ボウルに入れてさっと混ぜ合わせる。

2.とり肉は大きめの一口大のそぎ切りにする。ボウルに入れ、酒小さじ1、塩少々をもみ込み、片栗粉小さじ1を加えて全体にまぶしたら、油小さじ1/2を加えて混ぜ合わせる。

3.耐熱皿に、玉ねぎ、ピーマン、とり肉の順に、皿の縁に立てかけるように並べ、酒大さじ1、塩少々をふる。豆苗とザーサイをまん中に盛り、ラップをかけ、電子レンジ(500W)で約6分加熱する。とり肉に火が通っていないときは、さらに1分ずつ様子をみながら加熱する。取り出してそのまま約2分蒸らす。
(1人分182kcal、塩分2.1g 調理/伊藤晶子 栄養計算/スタジオ食)

※このレシピでは電子レンジは500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。

とりむね肉は加熱しすぎると固くなりパサパサしてしまうので、レシピの加熱時間を目安にしつつ、慎重に加熱しましょう。蒸らしている間に余熱で火を通すようにすると、さらにしっとり仕上がります。

文=齋藤久美子

この記事に共感したら

Information

レシピ関連はここから

詳しいレシピはこちら!


ほかにもいろいろ!「 レンジで完成!ボリューム肉レシピ特集」のレシピ

■レンジで完成!ボリューム肉レシピ特集はこちら


これもレンジでできちゃうの⁉驚き満載のレンチン肉レシピ

■毎日食べたい鍋特集はこちら


“体ぽかぽか、栄養満点!好みに合わせて選べる鍋レシピいろいろ”






おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //