いろいろなお祝いや特別な日には、ちょっと腕をふるった料理を作ってみませんか? とはいえ、できるだけ手間を省きながら、おいしく作りたいもの。今回は、そんなごちそうレシピを5つご紹介します。


煮込んだ分だけホロホロ絶品「とりもも肉の白ワイン煮」

特別な日にもぴったり!とっておきのごちそう5選 画像(1/5) とりもも肉の白ワイン煮

<材料2人分>

とり骨つきもも肉…2本、小麦粉…適宜、玉ねぎ…1/2個、にんじん、セロリ…各1/2本、さやいんげん…80g、サラダ油…小さじ2、白ワイン…1/2カップ、固形スープの素…1個、塩、こしょう

<作り方>

1.とり肉は関節から切り目を入れて半分に切り、塩、こしょう各少々をふって下味をつけ、小麦粉をまぶす。玉ねぎは縦に薄切りに、にんじんは皮をむいて薄い輪切りに、セロリは筋を取って斜め薄切りにする。いんげんは筋を取って塩少々を加えた熱湯で色が鮮やかになるまでゆでる。

2.鍋に油を熱してとり肉を並べ、両面にこんがりと焼き色をつけて取り出す。玉ねぎ、にんじん、セロリを加えて炒め、木べらで焦げを落とすように混ぜながら炒める。しんなりしたらとり肉を戻し、ワインを加えて少し煮詰める。

3.水1カップ、スープの素を加えてふたをし、弱火で汁けがなくなるまで30~40分蒸し煮にする。皿に盛り、いんげんを添える。

白ワインでじっくり煮込むことでお肉がホロホロに。リッチな味わいで、口に入れると思わず笑顔になる一品です。


おうちでフレンチ気分「えびのおしゃれロールレタス」

特別な日にもぴったり!とっておきのごちそう5選 画像(3/5) えびのおしゃれロールレタス

華やかなロールレタスでおもてなしにも。レタスやえびをいつもと違う使いかたにするだけで、レストラン風に。


簡単なのに豪華な仕上がり「豚こまのストロガノフ風」

特別な日にもぴったり!とっておきのごちそう5選 画像(6/5) 豚こまのストロガノフ風

料理が得意じゃなくても、トライしやすい簡単レシピ。手ごろな材料でつくれて見た目も豪華、食卓に華をそえます。


魚介の旨みたっぷりでカフェ気分「ペスカトーレ」

特別な日にもぴったり!とっておきのごちそう5選 画像(10/5) ペスカトーレ

旬のあさりをはじめとする魚介を何種類か揃えるだけで、まるでお店のようなトマトパスタに。


おしゃれなひととき「りんごとゴルゴンゾーラのリゾット」

特別な日にもぴったり!とっておきのごちそう5選 画像(15/5) りんごとゴルゴンゾーラのリゾット

相性抜群のりんごとゴルゴンゾーラで女心をくすぐる一品。ちょっぴり大人味で、白ワインで乾杯するのもおすすめです。


おいしくできたら次回はアレンジして、好みの味により近付けてみてはいかが? 「お祝いごとと言えば、あのごちそう!」と、ぜひ家の定番料理にしてください。

【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】