とろっとろに甘〜い!子どもも喜ぶ「玉ねぎのステーキ」

#食 
こうばしさが調味料になる!「玉ねぎステーキ」

野菜のおいしさをシンプルに堪能したいなら、断然「野菜ステーキ」。大きく切ってじっくり焼くだけで、野菜本来のうまみと甘みが引き立つステーキのできあがりです!

「野菜ひとつで極上おかず」今回は「玉ねぎステーキ」。じっくり焼くだけで、驚くほど甘〜い仕上がり! 粉チーズをちょっぴりつけてもおいしいですよ。

*  *  *

玉ねぎのステーキ

甘くてとろとろ♪ こうばしさが調味料に!
[ 材料・2人分 ]*1人分110kcal/塩分1.7g
・玉ねぎ ...1個 (150~200g)
・粉チーズ ...大さじ2
・オリーブ油
・塩
・粗びき黒こしょう

[ 作り方 ]
1. 玉ねぎは上下を約1cm切り落とし、横半分に切ってフライパンに並べ入れる。
2. オリーブ油大さじ1をふり、上下を返して全体にざっとからめ、広いほうの断面を下にする。
3. 強火にかけ、ふつふつとしてきたら中火にし、6~7分焼く。こんがりとしたら上下を返し、4~5分焼く。器に盛り、塩小さじ1/2、粗びき黒こしょう少々と、粉チーズを添える。

*  *  *

塩&粗びき黒こしょうでシンプルにいただくもよし、粉チーズでコク増しするもよし。どちらも玉ねぎの甘みを堪能できるぜいたくな一品です。
週の後半、目ぼしい野菜はもう玉ねぎしか...なんてときにもおすすめ。ぜひチャレンジしてくださいね!

調理/小田真規子 撮影/澤木央子 スタイリング/浜田恵子 栄養計算/スタジオナッツ 編集協力/田久晶子

【レタスクラブ編集部】

この記事に共感したら

Information

<レタスクラブ21年11月増刊号より>
*この連載は『今日から料理を始める人の61レシピ』の一部を抜粋して構成したものです。




雑誌情報はこちら


▼『レタスクラブ ’21 12月号』情報はこちらから▼

殿堂入り時短レシピランキング/年末年始の洋副菜和副菜/買ってきた料理を100均アイテムで高見せする盛りつけテク/風邪やインフルエンザに負けない!ご機嫌に冬を乗り切る習慣/チャレンジ ことしは、ほぼこすらない大掃除/

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //