たっぷり白菜をさっぱり塩味で!味変も楽しい 「白菜と手羽中のゆず風味鍋」

#食 
白菜と手羽中のゆず風味鍋

甘みが増してきた白菜は、これからの季節がまさに旬! 和洋中、どんな料理とも相性抜群で、かさ増しにも使える冬野菜の代表格です。白菜レシピのバリエを増やしてたっぷりおいしく食べ切りましょう!

今回は、ゆず塩の香りで白菜をたっぷり食べられる鍋です。


白菜と手羽中のゆず風味鍋


[ 材料・2人分 ]*1人分416kcal/塩分3.6g
白菜...大1/3株(約800g)
とり手羽中...10本(約460g)
ゆず...1個
きくらげ(乾燥)...10g
昆布(4×3cm)... 1枚
塩 酒

[ 作り方 ]
1.きくらげはぬるま湯でもどす。ポリ袋に手羽中を入れ、塩小さじ1を加えてもみ込む。ゆずは薄い輪切りにし、塩小さじ1/4をまぶす。白菜はざく切りにし、軸と葉に分ける。

2.土鍋に昆布、水4カップ、酒1/2カップ、手羽中、白菜の軸を入れ、きくらげの水けをきって加え、中火にかける。煮立ったら弱めの中火にし、ふたをして手羽中に火が通るまで15~20分煮る。

火の通りにくい軸は手羽中と先に入れて15~20分煮る。

3.白菜の葉、1のゆず塩4~5枚を加えてさっと煮る。好みで残りのゆず塩やおろししょうが、ごま油、ゆずこしょうなどを添えて。

*  *  *

1人分約400g!たっぷりの白菜鍋。シンプルな味付けなのでゆず塩や柚子こしょう、ごま油などの薬味で自分好みにカスタマイズできるのが楽しいですね。

調理/井澤由美子 撮影/豊田朋子 栄養計算/スタジオ食 編集協力/早川徳美

【レタスクラブ編集部】

この記事に共感したら

Information

<レタスクラブ’22年1月号より>


レシピ関連はここから

詳しいレシピはこちら!


いま話題の「コンパクト もちつき機」をチェック!




雑誌情報はこちら


▼『レタスクラブ ’22 1月号』情報はこちらから▼

とりむねでごちそう肉おかず/変幻自在な冬の豆腐おかず/甘系VSしょっぱ系のおもちレシピ/みその意外な使い方10/「デブ筋ながし」で気になる脂肪をなかったことに!/目指せ! 冷蔵庫フードロス0計画/【別冊付録】神やせ7日間ダイエット

おすすめ読みもの(PR)