生クリームの代わりにヨーグルトを使って!「牛肉ときのこのフリカッセ風」

#食 
牛肉ときのこのフリカッセ風

ヨーグルトには美肌効果や整腸作用、ウイルス感染症予防など、体にうれしいメリットがたくさん! でも、毎日食べていると飽きてしまうこともありますね。そこで日々のおかずにヨーグルトをプラスして、スムーズに体に取り入れられるレシピをご紹介! 肉や魚をやわらかくしたり、臭みをとったり、食材をしっとりジューシーに仕上げるなど、料理をおいしくする効果もたくさんあるんです。

今回は、フランスの家庭料理をアレンジした煮込み料理です。

教えてくれたのは▷ワタナベマキさん

ワタナベマキさん

料理研究家。身近な材料を使ったしゃれた料理で大人気。子どもの頃からヨーグルトが大好きで、今も料理に活用するのはもちろん「毎朝欠かさず食べています!」。

牛肉ときのこのフリカッセ風


[ 材料・2人分 ]*1人分354kcal/塩分2.8ℊ
プレーンヨーグルト...1/2カップ
牛切り落とし肉...150g
玉ねぎ...1/2個
しめじ...1/2パック(約50g)
えのきたけ...1袋(約100g)
にんにくの薄切り...1片分
白ワイン(または酒)...大さじ2
■合わせ調味料
∟ウスターソース...大さじ1
∟しょうゆ...小さじ1
∟塩...小さじ1/2
小麦粉 オリーブ油 粗びき黒こしょう 

[ 作り方 ]
1.玉ねぎは縦薄切りにする。しめじは長さを半分に切り、えのきたけは3cm長さに切ってほぐす。牛肉は小麦粉大さじ1をまぶす。

2.フライパンにオリーブ油小さじ2とにんにくを中火で熱し、香りが立ったら牛肉を加え、色が変わるまで炒める。玉ねぎ、しめじ、えのきたけを加えてしんなりするまで炒め、ワインを加えてひと煮立ちさせ、ふたをして弱火で約8分蒸し煮にする。

3.合わせ調味料、ヨーグルトを加えて混ぜ、煮立つ直前に火を止める。器に盛ってこしょう適量をふる。好みでパセリのみじん切りをふっても。

*  *  *

生クリームの代わりにヨーグルトを使うレシピ。生クリームがなくてもフランスの家庭料理風に仕上げることができます! カロリーが抑えられるのもうれしいところ。

調理/ワタナベマキ 撮影/佐々木美果 スタイリング/中村弘子 栄養計算/スタジオ食 編集協力/渡辺ゆき

【レタスクラブ編集部】

この記事に共感したら

Information

<レタスクラブ’22年2月号より>


レシピ関連はここから

詳しいレシピはこちら!




雑誌情報はこちら


▼『レタスクラブ ’22 2月号』情報はこちらから▼

手間なしグラタン&ドリア/とろ生チョコスイーツがおうちでできた/忙しい人のゆる腸活/意外と知らない今どきの花粉症の正解/家じゅうの壁や側面は、まだまだ収納に使える!/【別冊付録】「ずぼらヨガ 」

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //