【作り置きレシピ】うまみたっぷり、使い道いろいろの塩豚が10分で完成! 画像(1/3) 塩豚の塩けを生かすから味つけいらず!
塩豚の塩けを生かすから味つけいらず!

調理=小林まさみ 撮影=福尾美雪

作り置きレシピとしておなじみの塩豚は、塊肉に塩をなじませてから冷蔵庫で一晩おくのがお約束。今食べたいからといって、食べられるものではありません。でも、豚バラ薄切り肉を使った「スピード塩豚」なら、ほんの10分で出来上がり。うま味が増した塩豚を野菜と一緒に蒸せば、塩豚のうまみが野菜にからみ、かむほどに味わい深い一品に。塩豚は冷蔵庫で3日、冷凍庫なら1か月保存可能です。


【スピード塩豚】

【作り置きレシピ】うまみたっぷり、使い道いろいろの塩豚が10分で完成! 画像(4/3) うまみたっぷりの塩豚が、10分で完成
うまみたっぷりの塩豚が、10分で完成

調理=小林まさみ 撮影=福尾美雪

<材料>(作りやすい分量)

豚バラ薄切り肉200g、塩小さじ1/2、こしょう少々


<作り方>

豚バラ薄切り肉は長さを半分に切り、両面に塩小さじ1/2、こしょう少々をふる。手でなじませてラップで包み、冷蔵室で10分以上おく。※保存期間は、冷蔵室で2~3日、冷凍室で1カ月。


「塩豚とシャキシャキ野菜のフライパン蒸し」は、フライパンに好みの野菜とスピード塩豚を重ね入れ、酒をふって蒸すだけの簡単メニュー。塩豚の塩けを生かすから、味付けも不要です。

【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】