おうちですぐできる!痛みタイプ別マッサージで、肩こりスッキリ!!

#美容・健康 

「胸にかけて痛い」▷大胸筋をほぐす

猫背や巻き肩の人に多い症状。胸がすぼまって大胸筋が縮んでいるのが原因です。大胸筋まわりのファシアを押し流しましょう。

猫背や巻き肩の人に多い症状。

胸がすぼまって大胸筋が縮んでいるのが原因です。

大胸筋まわりのファシアを押し流しましょう。

▷▷▷わきの下から胸の中心へ押し流す

▷▷▷わきの下から胸の中心へ押し流す

胸を斜め上へ向けて胸を張ります。

続いて、左手を右のわきの下へ。

指の腹で胸の中心に向かって5回押し流したら、反対側も同様に。



「頭を後ろに倒すと痛い」▷肩甲挙筋(けんこうきょきん)をほぐす

首の骨の左右に走る筋肉で、肩甲骨を引き上げるのが役目。かたくなると頭を後ろに倒しにくくなります。

首の骨の左右に走る筋肉で、肩甲骨を引き上げるのが役目。

かたくなると頭を後ろに倒しにくくなります。

▷▷▷首の後ろを上から下へ押し流す

▷▷▷首の後ろを上から下へ押し流す

頭を前へ倒します。

両手の人さし指から小指までを揃えて、首の骨の両脇に当てます。

上から下へと指を滑らせ流しましょう。

5回繰り返します。


「背中にかけて痛い」▷棘下筋(きょくかきん)&小円筋をほぐす

肩甲骨から腕のつけ根にある小円筋& 棘下筋のファシアがむくむと、背中が痛んだり腕を前に回しにくくなります。

肩甲骨から腕のつけ根にある小円筋& 棘下筋のファシアがむくむと、背中が痛んだり腕を前に回しにくくなります。

▷▷▷肩の下から肩甲骨へ押し流す

▷▷▷肩の下から肩甲骨へ押し流す

右ひじを上げ、手を前へ倒します。

そのまま左手を右わきの下から肩の下へ差し入れ、肩甲骨に向かって5回押し流します。

反対側も同様に。



撮影/山上 忠 モデル/殿柿佳奈 イラスト/福田玲子 編集協力/及川愛子

この記事に共感したら

Information

<レタスクラブ’22年3月号より>

今回教えてくれたのは▷遠藤健司先生
東京医科大学整形外科准教授。日本脊椎脊髄病学会指導医。
脊椎、脊髄疾患のほか、病気以外の原因によるこりや痛みの研究にも取り組む。
『1分で美姿勢になるファシア・ストレッチ』(青春出版社)など著書多数。




雑誌情報はこちら


▼『レタスクラブ ’22 4月号』情報はこちらから▼

料理特集は、「もう限界な日は卵とご飯で何とかする!」。卵とご飯のワンディッシュや、卵が主役のおかずなど、買い物に行く力も時間もない!という時にピッタリなレシピをご紹介しています。また、この時期旬の新じゃがと豚肉を使ったレシピや、買ってきたお総菜にちょい足しアレンジでドヤ顔!レシピもご紹介しています。その他、献立の悩みから解放される!と話題の「献立カレンダーBOOK」もついていて、読み応えたっぷり!新年度から使える「手帳になる花カレンダー」もついています!LETTUCE MEETSには小林聡美さんが登場!オトナのNEWS連載には小山慶一郎さんが。コミックエッセイも多数!!レタスクラブ4月号をぜひお楽しみください。

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //