約5分で完成! へとへとさんを救う究極の時短おかずバリエ

#食   

5分で作れる究極の時短おかずは他にもいろいろ。まだあるおすすめのアイデア4つをご紹介します。

▽一皿で大満足の麺料理


豚こまと小松菜のレンチン煮

食材2つ&レンチンで完成。耐熱ボウルの側面に豚こま肉(しょうゆ、みそ、ごま油をもみ込む)を重ならないように広げて、中央に小松菜を入れ、ラップをかけて電子レンジ(600W)で4分加熱し、ざっくり混ぜればできあがり。

「豚こまと小松菜のレンチン煮」


豆腐の卵とじ

甘じょっぱい煮汁がしみた卵と豆腐は、ご飯が進む、進む! フライパンに煮汁(だし汁・しょうゆ・みりん・酒・砂糖)を煮立たせ、小松菜の茎・豆腐・ちくわを入れて軽く煮ます。小松菜の葉を加えて煮立たせ、溶き卵を回し入れたらふたをして中火で40~50秒煮て。卵は煮立ったところに入れると、ふんわりと仕上がります。

「豆腐の卵とじ」


豆腐とかにかまのなめこかきたまあん

肌寒い日にほっこりおいしいあんかけ豆腐も5分で。鍋に煮汁(しょうが汁・めんつゆ・塩・水)を煮立たせて、なめこ、かにかまぼこ、豆腐を入れて弱めの中火で3分煮ます。最後に溶き卵を流し入れ、ふんわりしたらひと混ぜして完成。

「豆腐とかにかまのなめこかきたまあん」


トマトとさば缶のカレー炒め

すでに加熱調理されているさば缶を使えば、炒めものもさっと作れます。オリーブ油で玉ねぎを1分ほど炒めたら、さば缶を加えて炒め合わせて。さらにトマトを加えて強火で1分炒め、仕上げに合わせ調味料(しょうゆ、カレー粉、塩)を混ぜたらできあがり。

「トマトとさば缶のカレー炒め」


たった5分でも、立派なおかずはできるもの! どうしてもご飯作りが休めない日は、こんな一皿で乗り切ってみてください。

文=齋藤久美子(栄養士)

この記事に共感したら

Information

レシピ関連はここから

詳しいレシピはこちら!

ほかにもいろいろ!「時短おかず」のレシピ

▶へとへとさんをお助けする情報が満載!
レタスクラブYouTube公式チャンネルをチェック!



■レタスクラブ編集長の「コレ注目!」特集はこちら


レタスクラブ編集長の「コレ注目!」

■我慢しない&無理しない ダイエット特集はこちら


“しっかりおいしく食べて、きれいにやせる!”






LINEお友だち追加バナー

おすすめ読みもの(PR)