店の味を超えた! 揚げる前のレンチンで驚くほどサックサク♪「最強のフライドポテト」

#食   
お店みたいにサクサク&ほっくり「最強のフライドポテト」/フライドポテト(1/30)

子どもウケ抜群のじゃがいも料理といえば、フライドポテト。でも、ファーストフード店をはじめ、巷には市販のフライドポテトがたくさん。自分で作るより買った方が早いしおいしい...なんて思っていませんか?

「魅惑のじゃがいもレシピ」今回は「最強のフライドポテト」。こちらのレシピ、レタスクラブ読者約700人に聞いた「作りたいじゃがいも料理」のアンケートで、6位にランクインしたフライドポテトなんです!揚げる前にレンチンすることで、食感良く仕上がりますよ。

*どの品種のじゃがいもを使ってもおいしく作れますが、特におすすめがある場合は記載しています。また、じゃがいもの重量には個体差があるので、g数を参考にして準備してください。
*じゃがいもの芽や緑色に変色した皮には、天然毒素であるソラニンやチャコニンが多く含まれています。調理の際にはこれらの部分を充分に取り除きましょう。日光に当たると緑色に変色しやすいので、暗くて涼しい場所で保管しましょう。

*  *  *

最強のフライドポテト

揚げる前のレンチンでサクサク&ホクホクに
[ 材料・2〜3人分 ]*1人分165kcal/塩分0.7g
・じゃがいも (メイクイーンがおすすめ) ...4個 (約530g)
・塩
・揚げ油

[ 作り方 ]
1. じゃがいもはよく洗って皮つきのまま1cm四方の棒状に切る。ボウルに入れて水を注ぎ、さっとかき回す。水が透き通るまで3回ほど替えて繰り返し、そのまま約10分さらす。
2. 水けをきって直径20cmの耐熱ボウルに入れ、塩小さじ1/4をふってさっと混ぜる。ふんわりとラップをかけ、電子レンジ (600W) で約8分加熱する。取り出してざるなどに広げ、約10分おく。
3. フライパンに揚げ油を2cm深さまで入れ、じゃがいもを加えて中火にかける。約5分加熱し、ふつふつと泡が出てきたら、時々混ぜながら約10分揚げる。強火にし、こんがり色づくまで約4分揚げる。油をきり、熱いうちに塩少々をふる。

〈POINT〉

レンチン後に乾かして粗熱をとり、余分な水分をとばす。

レンチン後、乾かして粗熱をとり、余分な水分をとばす。

*電子レンジは600Wのものを基準としています。500Wなら1.2倍、700Wなら0.9倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。

*  *  *

家でもサクサク&ホクホクの絶品フライドポテトが作れますよ。ぜひお試しくださいね!

調理/髙山かづえ 撮影/鈴木泰介 スタイリング/佐々木カナコ 栄養計算/スタジオ食 編集協力/田久晶子

 
【レタスクラブ編集部】


野菜のサブおかずならこれも!

この記事に共感したら

Information

*電子レンジは600Wのものを基準としています。500Wなら1.2倍、700Wなら0.9倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。

<レタスクラブ22年10・11月合併号より>


レシピ関連はここから

詳しいレシピはこちら!


▶へとへとさんをお助けする情報が満載!








雑誌情報はこちら


▼『レタスクラブ ’22 11月増刊号』情報はこちらから▼

『栄養を逃さない煮もの』秋冬に旬の野菜をおいしく食べるには、温かい煮ものが一番!野菜を味わえて、栄養も逃さない煮ものレシピをたっぷりご紹介しています!/1/4株をペロリと食べ切れる白菜鍋/ごまドレッシングの意外な使い方10/半生食感のさつまいもスイーツ/「汚れタイプ別洗剤早見シート」/【はずせる保存版】手早く味しみ!「大根おかずBOOK」/【毎号付録】献立の悩みから解放される!と話題の「献立カレンダー」/【特別付録】毎年大好評!「SNOOPYカレンダー2023」/オトナのNEWS連載は加藤シゲアキさん/コミックエッセイも多数!/レタスクラブ11月増刊号をぜひお楽しみください。




本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

LINEお友だち追加バナー

おすすめ読みもの(PR)