肉食系男子も喜ぶ!「かじき」の和風アレンジレシピ 画像(1/3) 塩昆布のだしのうまみをからめて

魚はちょっと…という肉食系さんも、これならOK!ということが多い、かじき。フライパンでソテーするだけで立派な夕飯おかずになる、調理のしやすさも大きな魅力です。

今回はどちらも、ソテーしたかじきを和風テイストで楽しむレシピをセレクト。ソテーしたあとの味つけは? つけ合わせの野菜は? と悩まずにすむうえ、低カロリーなのもうれしい!


余りがちな塩昆布がお役立ち「かじきの塩昆布ソテー」

<材料・2人分>かじき2切れ、下味(酒大さじ1/2、塩・こしょう各少々)、豆苗(正味)100g、塩昆布ソース(塩昆布・バター各10g、酒・水各大さじ2)、サラダ油、塩、こしょう

<作り方>

1.かじきはバットに並べて下味をふり、約10分おく。豆苗は長さを半分に切る。

2.フライパンに油小さじ1/2を熱して豆苗を入れ、約1分強火で炒め、塩、こしょう各少々で調味し、器に盛る。

3.1のかじきの水けをペーパータオルで拭く。フライパンに油小さじ1を足し、かじきを入れて2~3分弱めの中火で焼き、上下を返して1~2分焼く。しっかり焼き色がついたら、塩昆布ソースの塩昆布以外の材料を加え、ふつふつしてきたら塩昆布も加えてひと煮立ちさせる。かじきを2の器に盛り、塩昆布ソースをかける。

(1人分220kcal、塩分2.1g、調理時間20分)


新鮮なおいしさ発見!「めかじきのとろろがけ」

肉食系男子も喜ぶ!「かじき」の和風アレンジレシピ 画像(4/3) のりとわさびが味の決め手

<材料・2人分>めかじき2切れ、バター大さじ1、山いも(大和いも)150g、練りわさび適宜、もみのり適宜、しょうゆ、みりん

<作り方>

1.山いもはすりおろす。フライパンにバターを熱し、めかじき2切れを入れて両面を強めの中火で焼く。

2.焼き色がついたらしょうゆ大さじ1、みりん大さじ2を入れてからめ、器に盛る。

3.山いもを2にのせ、2のフライパンに残っている汁をかける。わさび少々を添え、もみのり少々をかける。

(1人分274kcal、塩分1.6g、調理時間15分)


あなたは今晩、どっちのレシピを選びますか?