食感の秘密はマシュマロ! オーブンなしでおいしくできる「とろとろアップルクランブル」

#食   
レンチンでりんごを煮るから手間いらず!/りんごのデザート(1/30)

寒い季節においしい、あったかスイーツ。オーブンがないから...と諦めていませんか?
そんな方におすすめしたいのが、トースターで作るスイーツ! 上火の高火力で表面はカリッと、中はとろりとおいしく仕上がるんです。

「トースターでカリッとろっスイーツ」今回は、レンチンでやわらかく煮たりんごを使ったスイーツ。隠し味は、マシュマロです!

*  *  *

とろとろアップルクランブル

レンジでやわらかく煮たりんごにマシュマロを混ぜて、とろとろ食感に

サクサクとした表面とやわらかいりんごのバランスが◎「とろとろアップルクランブル」

[ 材料・容量約800ml、高さ約6cmの耐熱皿1個分 ]*1/4量で395kcal/塩分0.4g
・りんご ...1個 (正味約220g)
・クランブル
 ∟全粒粉ビスケット ...50g
 ∟くるみ (ロースト、食塩不使用) ...50g
 ∟グラニュー糖 (なければ砂糖) ...10g
 ∟溶かしバター※ ...30g
・マシュマロ ...60g
カステラ ...2切れ (約60g)
・バター (細かくちぎったもの) ...20g
・グラニュー糖 (なければ砂糖) ...30g

※ 小さめの耐熱容器にバターを入れ、ラップをかけずに電子レンジ (600W) で約30秒加熱し、混ぜて溶かす。

[ 作り方 ]
1. クランブルを作る

材料をポリ袋に入れたら、めん棒などでなどでたたいて細かく砕く

溶かしバター以外のクランブルの材料と、好みでシナモンパウダーをポリ袋に入れ、めん棒などで袋の上からたたいて細かく砕く。溶かしバターを加えて袋の上からもんでよく混ぜ、冷蔵室で冷やす。

2. りんごをレンチンし、マシュマロを混ぜる

りんごは皮付きのままスライスしてレンチンし、マシュマロを混ぜる

りんごは皮つきのままよく洗い、四つ割りにしてから横5mm幅に切る。口径約15cmの耐熱ボウルにグラニュー糖とともに入れ、好みでシナモンパウダーを加えてよく混ぜる。バターを散らし、ラップをかけずに電子レンジ (600W) で約10分加熱する。熱いうちにマシュマロを加え、ざっと混ぜる。

3. クランブルをのせてトースターで焼く

耐熱皿にカステラを敷き詰め、レンチンしたりんごを入れたら、クランブルを全体にのせてオーブントースターへ

カステラの厚みを半分に切り、耐熱皿に指で押しながら全体に敷き詰める。2を入れ、1を軽くほぐしながら全体にのせる。オーブントースターに入れ、薄く焼き色がつくくらいまで様子を見ながら5~6分焼く (途中、焦げそうならアルミホイルをかぶせる) 。

*電子レンジは600Wのものを基準としています。500Wなら1.2倍、700Wなら0.9倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。

*  *  *

赤いりんごが映えて、おもてなしスイーツにも良さそう。りんごはお好みのものでOKですが、紅玉や秋映など、皮がより赤いものを使うときれいですよ。ぜひお試しを!

調理/上島亜紀 撮影/川上朋子 スタイリング/久保田朋子 栄養計算/スタジオ食 編集協力/singt
 
【レタスクラブ編集部】

この記事に共感したら

Information

*電子レンジは600Wのものを基準としています。500Wなら1.2倍、700Wなら0.9倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。

<レタスクラブ23年1月号より>


レシピ関連はここから

詳しいレシピはこちら!





雑誌情報はこちら


▼『レタスクラブ ’23 1月号』は「やせ体質になる!太らないごはん」▼

我慢したくないけど、太りたくない!そんな人にピッタリな今号の特集、「やせ体質になる!太らないごはん」/この冬、食べてやせるレシピをたくさんご紹介しています/ダイエットの成功者が食べている「罪悪感ゼロフード」/名店に教わる「極上すき焼き」/別冊付録「豚こま77レシピ」/献立の悩みから解放される!と話題の「献立カレンダー」/「白菜使い切りBOOK」/オトナのNEWS連載は増田貴久さんが登場/コミックエッセイも多数!/レタスクラブ1月号をぜひお楽しみください。






旬の白菜をムダなく使いたい!
LINEお友だち追加バナー

おすすめ読みもの(PR)