梅雨時におすすめ! 食欲がないときに食べたい簡単「さわら」レシピ 画像(1/3) 梅干しの酸味で食欲アップ!

暑かったり、寒かったり。天候が不順な梅雨時は、食欲がイマイチになることも。そんなときこそ、見直したいのが梅干しパワーです。疲労回復、生活習慣病予防、整腸作用、殺菌作用……と挙げればキリがないほど。しかも、調理時の味つけに使えば、ピタリと決まること間違いなし! 今が旬のさわらを使った「さわらの梅照り焼き」なら、簡単にすぐ出来て、家族の食欲もそそってくれますよ。


【さわらの梅照り焼き】

<材料・2人分>さわら2切れ、万能ねぎ6本、梅だれ(梅干し2個、しょうゆ・みりん各大さじ1)、ごま油

<作り方>

1.梅だれを作る。梅干しは包丁で粗くたたき、しょうゆとみりんを混ぜる。万能ねぎは10cm長さに切る。

2.フライパンにごま油大さじ1を熱し、さわらの水けをペーパータオルでふいて並べ、両面に焼き色がつくまで焼く。脂が多く出たら、ペーパータオルでふく。1の梅だれを加え、からめながら煮詰めて、器に盛る。

3.フライパンをさっとふいて、ごま油少々を足し、万能ねぎをさっと炒め、2の器に添える。

(1人分265kcal、塩分2.8g、調理時間13分)