焼くだけで絶品! ふっくら「焼きさば」レシピ5選 画像(1/5) 「さばのねぎみそ焼き」 レタスクラブニュースより
「さばのねぎみそ焼き」 レタスクラブニュースより

プロ料理家:藤野嘉子 撮影:原務

いつもスーパーに並んでいて、お手頃な価格のさばは家庭の強い味方。定番のさばの味噌煮や竜田揚げ、南蛮漬けなどのアレンジ料理も美味しいですが、ひと手間加えて新感覚の焼きさばを味わってみませんか? 今回はふっくらとした身が絶品で、ご飯が進む焼きさばレシピをご紹介します。

【さばのねぎみそ焼き】(242Kcal、塩分3.3g、調理時間15分)

<材料・2人分>さば(半身) 1枚、下味(酒 大さじ1/2、塩 少々)、小松菜 1/2わ、ポン酢じょうゆ 大さじ1、ねぎみそ(長ねぎのみじん切り 5cm分、みそ 大さじ2、砂糖 大さじ2/3、七味とうがらし 適宜)、塩

<作り方>

1. 塩を加えた熱湯で小松菜を約2分ゆでる。水にとって水を絞り、3cm長さに切る。ポン酢じょうゆをかけてあえる。

2. さばは縦半分に切り、皮目に2~3本切り目を入れ、下味をつける。ねぎみその材料を混ぜる。

3. 魚焼きグリルに、さばを皮目を下にしてのせ、約6分焼く。焼き色がついたら上下を返し、さらに約3分焼く。焼き色がついたら皮目にねぎみそをまんべんなくぬり広げ、さらに1~2分焼く。皿に盛り、1を添える。焼くことでみそのコクも出る。

意外と簡単にできるねぎみそを、いつもの焼きさばに塗るだけで絶品の味に。焼くことでこんがりとした、みその風味がやみつきになります。ご飯はもちろん、ちょっと贅沢な晩酌のおつまみにするのも乙かもしれません。


【さばのマスタード焼き】

マスタードを塗ることで臭みが全く気にならなくなります。洋風な焼きさばに仕上がるため、パンにもぴったり。

焼くだけで絶品! ふっくら「焼きさば」レシピ5選 画像(3/5) 「さばのマスタード焼き」 レタスクラブニュースより
「さばのマスタード焼き」 レタスクラブニュースより

プロ料理家:藤田千秋 撮影:今清水隆宏


【さばのスパイス焼き】

カリッとこうばしく焼き上げるスパイス焼きは、塩分控えめでもしっかりと味がついています。

焼くだけで絶品! ふっくら「焼きさば」レシピ5選 画像(6/5) 「さばのスパイス焼き」 レタスクラブニュースより
「さばのスパイス焼き」 レタスクラブニュースより

プロ料理家:久保香菜子 撮影:今清水隆宏


【さばの辛み照り焼き】

3分煮詰めるだけでしっかりとした味に。ねぎも一緒に焼いてピリ辛だれでいただきましょう。

焼くだけで絶品! ふっくら「焼きさば」レシピ5選 画像(10/5) 「さばの辛み照り焼き」 レタスクラブニュースより
「さばの辛み照り焼き」 レタスクラブニュースより

プロ料理家:石垣孝子 撮影:大川範


【さばのしょうがみそ漬け焼き】

ほど良いしょうがの風味でご飯が進む一品。みそだれに漬け込んで、焼くだけでできあがります。

焼くだけで絶品! ふっくら「焼きさば」レシピ5選 画像(15/5) 「さばのしょうがみそ漬け焼き」 レタスクラブニュースより
「さばのしょうがみそ漬け焼き」 レタスクラブニュースより

プロ料理家:市瀬悦子 撮影:白根正治


魚の中でも足がはやい方のさばは、鮮度が落ちると臭みがでてしまいます。買ってきたらできるだけ早く調理するようにしましょう。