スパイシーで食が進む! 沖縄生まれの「タコライス」レシピ5選 画像(1/5) 「タコライス」 レタスクラブニュースより

沖縄の名物料理の1つとしても有名なタコライス。「タコミート」をたくさん作ってストックしておくと、食べるときすぐに使えて便利ですよ。

【タコライス】(600Kcal、塩分3.2g)

<材料・2~3人分>

タコミート(牛ひき肉 300g、にんにくのみじん切り 大1片分、トマトケチャップ 大さじ2、オリーブ油 大さじ1、チリパウダー、オレガノ、パプリカ、クミンパウダー 各小さじ1/2、塩 小さじ1、しょうゆ 少々)、ピザ用チーズ 適宜、サルサソース(トマト、ピーマン 各1個、玉ねぎのみじん切り 1/8個分、レモン汁 1/2個分、塩 小さじ1/4)、レタス 2枚、アボカド 1/2個、レモン汁 少々、トルティーヤチップス 適宜、ご飯 茶碗2~3杯分

<作り方>

1. タコミートを作る。フライパンにオリーブ油とにんにくを入れて弱火で炒め、にんにくが色づいて香りが立ったらひき肉を入れ、パラパラにほぐし炒める。全体に火が通ったらスパイスを加えてさらに炒め、ケチャップ、塩、しょうゆで調味する。ひき肉がパラパラになったら、スパイスを合わせ入れ、全体にまんべんなく味がなじむように、混ぜながら炒める。

2. サルサソースを作る。トマトとピーマンは粗みじん切りにし、玉ねぎを混ぜ合わせ、レモン汁、塩であえる。

3. レタスは細切りに、アボカドは1cm角に切り、レモン汁を回しかける。

4. 器にご飯を盛り、レタス、タコミート、アボカド、サルサソースの順にのせ、細かく砕いたトルティーヤチップス、チーズを散らす。

スパイスをふんだんに使った「タコミート」は絶品。サルサソースも手作りすることで、より本格的な味に。アボカドにレモン汁をかけば、変色を防ぐことができます。


【レンチンミートソースでタコライス】

耐熱ボウルに材料を全部入れてチンするだけの簡単ミートソース。玉ねぎのすりおろしは先に電子レンジで加熱しておきましょう。

スパイシーで食が進む! 沖縄生まれの「タコライス」レシピ5選 画像(3/5) 「レンチンミートソースでタコライス」 レタスクラブニュースより

【十六穀米のお豆タコライス】

大豆も入れるので、さらに美腸効果に期待できそう。野菜と十六穀米で、彩りもきれいに仕上がります。

スパイシーで食が進む! 沖縄生まれの「タコライス」レシピ5選 画像(6/5) 「十六穀米のお豆タコライス」 レタスクラブニュースより

【タコライス】

これこそ定番のタコライス。辛さはとうがらしの本数で好みに調節してくださいね。

スパイシーで食が進む! 沖縄生まれの「タコライス」レシピ5選 画像(10/5) 「タコライス」 レタスクラブニュースより

【タコライス】

仕上げにタバスコをかけて食べるのもおすすめです。「ミートソース」にセロリを加えて、食感と味にアクセントをプラスして。

スパイシーで食が進む! 沖縄生まれの「タコライス」レシピ5選 画像(15/5) 「タコライス」 レタスクラブニュースより

ひと皿でお肉も野菜も取れて、栄養バランスのとれたごはんになるのが嬉しいところ。ワンプレートできれいに盛りつけて、見た目も味も楽しみましょう。