苦みが特徴の南国野菜といえばゴーヤーですよね。ゴーヤーには豊富なビタミンCや食物繊維、カルシウム、鉄分が含まれています。美肌効果や疲労回復など、さまざまな効果が満載です。夏の疲れが出てくるこの時期、ゴーヤーの栄養がたくさん詰まったスープ作りにチャレンジしてみませんか。


女子が喜ぶ夏野菜コンビ「ゴーヤーとミニトマトのスープ」

うれしい効果いっぱい!栄養たっぷりなゴーヤースープレシピ5選 画像(1/5) ゴーヤーとミニトマトのスープ
ゴーヤーとミニトマトのスープ

<材料2人分>

ロースハム…2枚、ゴーヤー…1/4本、ミニトマト…10個、スープ(顆粒スープの素…小さじ1、湯…2カップ、塩、こしょう)

<作り方>

1.ハムは半分に切って細切りに、ゴーヤーは縦半分に切って薄切りにする。

2.鍋にスープの材料を入れてひと煮立ちさせ、ハム、ゴーヤー、ミニトマトを加える。トマトの皮がはじけるまで煮て、塩、こしょうで味をととのえる。

リコピンが豊富なミニトマトと、ビタミンCが豊富なゴーヤーの相乗効果。緑と赤が見た目にもきれいな美肌スープです。


香り豊かで食欲をそそる「ゴーヤーにんにくみそスープ」

うれしい効果いっぱい!栄養たっぷりなゴーヤースープレシピ5選 画像(3/5) ゴーヤーにんにくみそスープ
ゴーヤーにんにくみそスープ

ごま油とにんにくの香りがしっかり効いて食欲を刺激! 疲労回復や、夏場の疲れた胃腸を整えるのにもおすすめ。


えびの出汁がじんわりおいしい「ゴーヤーの肉詰めスープ」

うれしい効果いっぱい!栄養たっぷりなゴーヤースープレシピ5選 画像(6/5) ゴーヤーの肉詰めスープ
ゴーヤーの肉詰めスープ

肉だねをしっかり詰めればきれいな仕上がりに。残暑が厳しい日はゴーヤーをたくさん食べて、体の熱を放出しちゃいましょう。


具材の食感を楽しむ「ゴーヤーと肉だんごのトマトスープ煮」

うれしい効果いっぱい!栄養たっぷりなゴーヤースープレシピ5選 画像(10/5) ゴーヤーと肉だんごのトマトスープ煮
ゴーヤーと肉だんごのトマトスープ煮

煮込んだゴーヤーのやわらかい歯ざわりはひと味違う。大きな具材がゴロゴロとボリュームたっぷりで食べごたえのあるレシピ。


あっさり塩味で苦みもほどよい「ゴーヤーのスープ」

うれしい効果いっぱい!栄養たっぷりなゴーヤースープレシピ5選 画像(15/5) ゴーヤーのスープ
ゴーヤーのスープ

豚スペアリブのうまみがしっかり出た塩分控えめなスープ。レモンのさわやかな酸味でさっぱりいただけます。


ゴーヤーは加熱調理しても栄養素が壊れにくいので、スープの具材にピッタリ。栄養をスープで丸ごと取り入れ、うれしい効果を実感しましょう。苦みが苦手な人は、水にさらす、ゆでるなどの下ごしらえを工夫してみてくださいね。