余ったきんぴらを華麗にリメイク!「きんぴらご飯のオムライス」レシピ 画像(1/2) きんぴらごぼうは、市販のお総菜でももちろんOK! 
きんぴらごぼうは、市販のお総菜でももちろんOK! 

調理=飛田和緒 撮影=岡本真直

前日の夜に食べたきんぴらごぼう。ちょっと余っちゃったな……というときは、ひと工夫。ご飯に混ぜてオムライスにすれば、まったく新しい味にリフレッシュ! 「これ、昨日のおかずの残りでしょ?」と家族に文句をいわれることもありません。きんぴらごぼうと並ぶ和風おかずの定番、ひじきの煮物も卵との相性は◎。余ったときには卵焼きに入れたり、オムライスにしてみて!

 

【きんぴらご飯のオムライス】

<材料>(2人分)

きんぴらごぼう(市販品)100g、ご飯茶碗3~4杯分、卵5個、砂糖、しょうゆ、サラダ油

<作り方>

(1)ご飯にきんぴらを混ぜて器に盛りつけておく(汁けのあるものは軽く絞り、素材の大きいものはあらかじめ細かく切っておく)。

(2)卵に砂糖大さじ2としょうゆ大さじ1を加え、溶きほぐす。

(3)オムレツは1人分ずつ焼いたほうが失敗がない。小さいフライパンに油大さじ1を熱し、1/2量の2を流し入れ、箸で混ぜながら火を通し、好みで半熟程度に焼いたり、しっかり焼きつけたりする。半分に折りたたんでオムレツを作る。

(4)1の混ぜご飯の上に3のオムレツをのせる。

(746kcal、塩分2.8g、調理時間15分)


ごぼうは根元の直径が十円玉くらいで、先まですらりとした、ひび割れのないものが良品です。全体にしわが寄ったものや、ひげの多いものは古くなっている場合が多く、中心に“す”が立っていることもあるので気をつけて。