さつまいもがおいしい季節に作りたい、秋のイチ押しメニュー「タッカルビ」

#食   
甘いさつまいもが程よいアクセントに


すっかり日本でもおなじみになった「タッカルビ」。甘辛いコチュジャンベースのたれでとり肉と野菜を炒める韓国料理ですが、実は秋におすすめのメニューなのです。なぜならば、秋はタッカルビに欠かせない食材、さつまいもが旬を迎える季節。甘みの増したさつまいもがアクセントになり、あと引く味わいに! もしタッカルビが余ったら、ご飯と一緒に炒めてみて。おかわりせずにはいられないおいしさですよ。

 

【タッカルビ】


<材料>(2人分)

とりもも肉1枚(約250g)、キャベツ1/2個、玉ねぎ1/2個、さつまいも小1/2本、コチュジャンだれ(コチュジャン、酒各大さじ2、粉とうがらし、しょうゆ、砂糖各大さじ1、おろしにんにく1片分、おろししょうが1かけ分)、ごま油

<作り方>

(1)とり肉は一口大に切ってボウルに入れ、コチュジャンだれの材料を加えて軽くもむ。キャベツは食べやすい大きさにちぎる。玉ねぎは7mm幅のくし形に切る。さつまいもは皮つきのまま5mm厚さの輪切りにする。

漬け込んだたれごと肉をのせていく。野菜の上にのせることで肉が焦げつかず、肉とたれのうまみを野菜に吸わせられる


(2)フライパンにごま油大さじ1を熱し、さつまいもを並べ入れ、キャベツ、玉ねぎ、とり肉をたれごとのせてふたをし、7~8分蒸し焼きにする。ふたを取って強火にし、汁けがなくなるまで2~3分炒め合わせる。

(505kcal、塩分2.9g)

この記事に共感したら

Information

詳しいレシピはこちら!
タッカルビ

■レタスクラブニュースでほかにも「とり肉」レシピをチェック!


おすすめ読みもの(PR)