材料は白菜の軸だけ! さめてもおいしい「白菜の軸のきんぴら」レシピ 画像(1/2) さめてもおいしいご飯のおとも

ささっと短時間で作れる副菜は、覚えておくとあと一品ほしいときなど、何かと便利。「白菜の軸のきんぴら」は、台所に立って10分以内にできるうえ、さめてもおいしいうれしい副菜。材料が白菜のみというのも、うれしいポイントです。

ほんのりごま油が香るきんぴらは、ご飯が進む甘辛味。ぴりっと一味とうがらしをきかせて、めしあがれ!

 

【白菜の軸のきんぴら】

<材料>(2人分)

白菜(軸の部分)2枚(125g)、一味とうがらし少々、いりごま(白)少々、ごま油、酒、しょうゆ、みりん

<作り方>

(1)白菜は洗って水けをきり、軸の部分の繊維を断ち切るように5cm長さのせん切りにする。

(2)フライパンにごま油大さじ1/2を熱し、1の白菜を炒める。しんなりとしたら、酒大さじ1/2、しょうゆ大さじ1/2、みりん大さじ1/2を加え、汁けがなくなるまで炒める。

(3)器に盛って、いりごまと一味とうがらしをふる。

(47kcal、塩分0.7g、調理時間10分)