すし飯作りは炊飯器におまかせ! 簡単ちらし寿司でひな祭りをお祝い

#食 
簡単すし飯で、ちらし寿司が気軽に作れる!


女の子の健やかな健康を祈る日本古来の行事、ひな祭り。そのお祝いの食卓に欠かせないのが、ちらし寿司です。面倒なすし飯作りは炊飯器におまかせの「簡単牛肉ちらし」なら、気負わず、手間なく作れておすすめです。すし飯は、炊飯器に米と水、合わせ酢を入れて普通に炊くだけでOK。ごぼうと牛肉を甘辛く煮た具をすし飯に混ぜ、いり卵をふわっと散らせば、食卓の上に春がやってきたよう! 華やかな彩りの「簡単牛肉ちらし」で、ひな祭りを祝いましょう。

簡単牛肉ちらし


【材料】(2~3人分)

牛切り落とし肉 150g、卵 1個、ごぼう 1/2本(約100g)、三つ葉 1/2わ、米 2合、白いりごま 大さじ1、合わせ酢(酢 大さじ4、砂糖 大さじ1、塩 小さじ1弱、砂糖、しょうゆ、塩

【作り方】

(1)米は炊く30分前に洗ってざるに上げ、水けをきっておく。炊飯器に米、水1と1/2カップ、合わせ酢を入れて混ぜ、普通に炊く。炊き上がったら混ぜる。

すし飯は、炊飯器に米と水、合わせ酢を入れて普通に炊くだけでOK


(2)ごぼうはたわしでよくこすり、太ければ縦半分に切ってから斜め薄切りにし、切ったらすぐに水にさらす。ざるに上げて水けをきる。鍋に水1/2カップ、砂糖、しょうゆ各大さじ1と1/2、ごぼうを入れて弱めの中火にかけ、約7分煮る。ごぼうを端に寄せ、あいたところに牛肉を加えて菜箸でほぐし、全体を混ぜながら煮汁がほとんどなくなるまで煮る。

(3)ボウルに卵を溶きほぐし、塩少々を加えて混ぜる。フライパンに油をひかずに卵液を流し入れて弱めの中火にかけ、菜箸4~5本で手早く混ぜ、いり卵を作る。三つ葉は1cm長さに切る。大きめのボウルに1を移し、2、三つ葉、ごまを加えて全体を混ぜる。器に盛り、いり卵を散らす。

(1人分622kcal、塩分3.2g、調理時間15分)

菜箸4~5本を使って卵液を混ぜると、きめ細かないり卵が作れる


この記事に共感したら

Information

詳しいレシピはこちら!
簡単牛肉ちらし

ほかにもいろいろ!ちらし寿司のレシピをチェック!
こちらもどうぞ!炊き込みご飯・混ぜご飯のレシピ

おすすめ読みもの(PR)