いつまでもキレイで若々しくいるために欠かせないのが女性ホルモン。でも、悲しいかな加齢とともに減っていきます。そこで、自分に合ったケアで、ホルモンバランスの乱れを整えましょう。

 

お疲れ気味のあなたは…入浴&リラックスでケア

【入浴&リラックス編】まだ間に合う! 女性ホルモンアップ大作戦 画像(2/2) 【写真を見る】湯船につかってリラックス

バスタイムなどで脳をリラックスさせ、さらに良質な睡眠を確保。毎日のこの習慣が副交感神経をアップさせ、成長ホルモンの分泌を促してくれます。


【心身のリラックス&良質な睡眠で快適な日々を 】

【入浴&リラックス編】まだ間に合う! 女性ホルモンアップ大作戦 画像(3/2) お休み前のリラックスタイムにアロマもおすすめ

心身をリラックスさせるお風呂タイムは、ぜひ湯船につかってしっかり体を温めて。ぬるいお湯に長時間つかっていると肩凝りの原因になる場合もあるので、40℃くらいのお湯に、15~30分程度がおすすめ。ゆったり入浴することで自律神経が整い、睡眠の質もアップします。アロマオイルを湯船に数滴たらすほか、部屋でもアロマポットなどを使えば、気分も明るくなりリラックス効果が高まります。ローズマリーの香りは気持ちを落ち着ける効果があるといわれますが、好みの香りで OK。

また、良質な睡眠をしっかり取ることも重要です。ぐっすり眠れると寝起きがすっきりして、一日が快適に過ごせます。良質な睡眠は、代謝を高めてくれる成長ホルモンを分泌するのに役立ちます。そのためには、お休み前に入浴や軽いストレッチを行なうなどして副交感神経を高めるのが効果的です。寝る直前までスマホを見ていることは、よい睡眠の妨げになるのでNGです。また、アルコールや喫煙は体にストレスをかけることになるので、避けましょう。


ストレスをアルコールや夜更かしで解消するのは厳禁! 女性ホルモンのことを考えるなら、自分の心と体をやさしくいたわってあげましょう。


監修=飛田砂織 イラスト=ばばかよ 編集協力=石原輝美、黒木博子(smile editors)