休日のブランチに、おやつタイムに。食パンで作るちょっと豪華なデザートキッシュ 画像(1/2) 卵液に生クリームと砂糖を入れて、コクのあるデザートキッシュに。濃厚なクリームチーズに、さっぱりとしたいちごの酸味がよく合います

フランスの家庭料理「キッシュ」は、タルトやパイ生地の中に卵液を流し入れ、こんがりと焼いたもの。手間がかかりそうに思えますが、土台となる生地を食パンに代えれば手軽に作れる一品に。今の季節なら、いちごの酸味がさわやかなデザートキッシュ「いちごとクリームチーズの食パンッシュ」がおすすめです。おいしく作るコツは、パンの耳がぺったんこになるまでめん棒でのばすこと。たったこれだけのことですが、やるとやらないのでは大違い! ふっくらおいしく仕上がりますよ。


いちごとクリームチーズの食パンキッシュ

【材料】(19×15×高さ3cmのバット1台分)

食パン(8枚切り) 4枚、いちご 10粒、卵液(溶き卵 3個分、生クリーム 1/2カップ、牛乳 1/4カップ、砂糖 80g、薄力粉 大さじ2)、クリームチーズ 40g

休日のブランチに、おやつタイムに。食パンで作るちょっと豪華なデザートキッシュ 画像(3/2) 価格もお手頃になってきた旬のいちごを使って試してみて。

【下ごしらえ】

(1)オーブンを180℃に予熱する。


【作り方】

(1)いちごは縦半分に切る。クリームチーズは、1.5cm角にちぎる。まな板に食パン1枚をのせ、パンの耳がぺったんこになるまでめん棒でしっかりのばす。のばし足りないと、卵液がしみ込み過ぎてふっくらと仕上がらないので、よくのばして。

(2)残りも同様にする。バットの内側にオリーブ油を薄くぬり、食パンをバットの縁から1~2cmはみ出るくらいに重ねて敷く。上からギュッと押さえ、バットに密着させる。

(3)ボウルに、溶き卵、砂糖、薄力粉を入れ、泡立て器でなめらかになるまで混ぜる。生クリーム、牛乳を加えて混ぜる。2の食パンにいちご、クリームチーズをバランスよく並べ、卵液を流し入れる。

(4)オーブンの天板にのせ、オーブンで40~45分焼く。粗熱がとれたらフライ返しなどで取り出し、食べやすく切る。

※バットは金属製、ガラス製、陶製など、必ず耐熱性のものを使ってください。サイズが異なると、火の入り具合などに差が生じるため、レシピに記載したサイズを守って。

(1/4切れ437kcal、塩分0.9g)